GH5SとGH5のスペックを比較してみました - E-M-Wonderful

GH5SとGH5のスペックを比較してみました

      2018/01/20

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

2018年1月、パナソニックからミラーレス一眼カメラのGH5Sが発表されました。

 

パナソニック GH5Sが海外で正式発表されました
Panasonicのミラーレス一眼カメラ GH5Sが海外で正式発表されました。43rumorsに詳細が書かれています。GH5Sのプレスリリースからの抜粋このGH5Sはプロの映画製作者のた...

 

 

今回は、GH5SとGH5のスペックを比較したいと思います。

スポンサーリンク




スペック比較表

では、このスペック表から気になる部分を抜粋して簡単に解説して行きます。

画質

GH5の2033万画素に対し、GH5Sは1028万画素と約半分の画素数になっています。

これは、高感度性能を向上させる目的のためです。

さらに、GH5Sにはパナソニックのシネマカメラ同様に、デュアルネイティブisoテクノロジーも搭載されています。

ちなみにデュアルネイティブisoテクノロジーとは、

低ISO感度用と低ノイズ・高ISO感度用の2系統の専用回路をイメージセンサーの各画素に装備。高ISO感度設定時でもノイズの増加を極限まで抑えた、階調豊かで解像感のある美しい描写が得られる。

という機能です。

低画素のセンサーとデュアルネイティブisoテクノロジーを合わせることで、動画・静止画共にマイクロフォーサーズ機では最高の高感度性能を誇ります。

マルチアスペクト

ディアルネイティブisoテクノロジーと共にGH5Sの大きな特徴となっているのがこのマルチアスペクトです。 パナソニックから発売されているミラーレス一眼カメラではGHシリーズのGH2までの機種、コンデジではLX-100などにも採用されています。

センサーサイズよりもイメージサークルを小さくすることで、アスペクト比を4:3、3:2、16:9、1:1など変更してもクロップされず同じ画角で撮影することができます。

iso感度

先ほど述べた、ディアルネイティブisoテクノロジーと低画素のセンサーのおかげでGH5Sはiso感度が標準出力で160/200/400/800/1600/3200/6400/12800/25600/51200、拡張iso感度は80/100/102400/204800から選択可能です。

ビデオ機能

GH5のビデオ撮影機能は、ミラーレス一眼カメラの域を遥かに超えていましたがGH5Sはさらに強化されています。

まず、C4K動画撮影で60p/50p記録に対応しています。

さらにバリアフルフレームレート機能もC4K/4K動画で最大60fpsのスローモーション撮影が可能になり、FHDではなんと240fpsの超スローモーション撮影が可能です。

また、GH5では別途購入の必要があったLog撮影機能「V-Log L」がプリインストールされています。

6kフォト機能が使用できない

GH5には動画から約1800万画素の静止画をきりだせる6kフォト機能がありましたが、GH5Sは1028万画素の低画素になったことにより使用できなくなりました。

手ぶれ補正がなくなった

近年のパナソニックのミラーレス一眼カメラのボディ内手ぶれ補正は以前と比べどんどん進化しており、GH5の手ぶれ補正は約五段分の補正効果があります。 最新のGH5Sの手ぶれ補正は一体どれぐらいすごいのだろうかと期待していましたがなんと手ぶれ補正自体を無くしています。

これには理由があり、ボディ内手ぶれ補正を搭載したカメラは三脚使用時に手ぶれ補正をオフにしても、センサーが固定されていないため大きな揺れなどがあるとブレを起こしてしまうからだそうです。

ただ、手ぶれ補正を採用しなかったためかボディの重量が少し軽くなっています。

まとめ

GH5は動画撮影と写真撮影どちらも最高峰を目指すハイブリッドなミラーレス一眼カメラでしたが、GH5sは低照度時の撮影能力の向上やマルチアスペクトの採用など動画撮影に重点を置いたカメラに仕上がっています。

しかし、その代償としてボディ内手ぶれ補正機能がなくなり、低画素化の影響で6Kフォト機能も使用できなくなりました。

このようにGH5SはGH5後継モデルではなく、GH5の派生モデルという位置付けになります。

こんな方にGH5Sをオススメします。

  • 主な用途は動画撮影の人
  • 低照度での撮影積極的に行う
  • 主に三脚を使って撮影する

こんな方にGH5をオススメします。

  • 写真撮影も動画撮影もどちらも行う
  • 手持ちでの撮影も行うので強力な手ぶれ補正が欲しい
  • 6Kフォトを使用したい
Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, レビュー