iMac Retina 4K 21.5インチをAppleオンラインストアで注文しました - E-M-Wonderful

iMac Retina 4K 21.5インチをAppleオンラインストアで注文しました

      2017/07/07

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

先日、iMac Retina 4K 21.5インチをAppleオンラインストア注文しました。

スポンサーリンク




MacBookpro 13インチに不満が出てきた

これまで、自分は2012年に発売されたMacBook Pro 13インチ 非Retina を使用し、当ブログやRAW現像を行なってきました。

ただ13インチのノートPCでは画面が狭かったため、フルHDの外付けモニターを使用し、クラムシェルモードで使用していました。

そんなMacBook Pro 13インチですが、使い始めて5年が経ち、色々と性能面で不満が出てきました。

不満その1

まず第一の不満はストレージがHDDであることです。SSDと比べ、アプリやファイルがなかなか立ち上がらず、ストレスが溜まります。

特に自分が一番使用するLightroomのアプリは、1分以上待たなければ起動してくれません。そして、起動時だけでなくRAW現像の作業中も処理に時間がかかりスムーズな作業ができません。

不満その2

第二の不満が画面の解像度です。ちなみにMacBook Pro 13インチの解像度は1280×800で、使用している23インチの外付けモニターは1920×1080のフルHDです。

普段iPhoneやiPad Proを使用し、高精細なRetinaディスプレイを見ている自分としては、フルHDのディスプレイでは文字や画像のドットが粗く感じてしまいます。

どのMacを購入するが検討

現在(2017年7月)、Apple Storeで取り扱っているMacをざっくり分けると

  • MacBook
  • MacBook Pro 13インチ
  • MacBook Pro 15インチ
  • iMac 21.5インチ
  • iMac 27インチ
  • Mac Pro
  • Mac mini

があります。

これまでは、ノートタイプのMacBook Proを使用していましたが、ほとんどクラムシェルで使用し、持ち運ぶことがなかったので、今回はデスクトップモデルのiMacを購入することしました。

iMacには5K 27インチモデルと4K 21.5インチのモデルがありますが、27インチは自分のデスクには大きすぎるため21.5インチに決定です。

iMac 21.5 4KモデルのBTOを検討

Appleオンラインストアでは、注文時にBTOを行うことができます。

ちなみにBTOとはBuild To Orderの略で、ストレージ・CPU・メモリなどを自分が好きなようにオーダーして注文を行うことができます。

一番良いのは、「特盛」と呼ばれる構成を最大限までカスタマイズすることですが、金銭的な都合上それは無理なので、自分にとって必要な部分だけカスタマイズしていきます。

ただ、自分の考えだけでは、なかなか構成が決まらなかったため、アップルストアのスタッフに助言をお願いしました。

Apple Storeのスタッフに聞いてみました

今回訪れたアップルストアのスタッフの中に、過去に写真関係の仕事をしていた方がいたので、その方に色々と聞いてみました。

自分のiMac4K 21.5インチモデルの使用目的がLightroomでのRAW現像だと説明すると、

  • RAW現像を行うのであれば、GPU性能の高い方が良いので、Radeon Pro 560(4GBビデオメモリ搭載)のiMac 4K 21.5インチの最上級モデルがオススメ
  • CPUは、カスタマイズせずにそのままでも良い
  • メモリは16GB以上で、本格的に動画編集も行うのであれば32GBあった方が良い
  • RAW現像を行う場合、ファイルのアクセス速度が重要になる。iMacの1TB フュージョンドライブでは、SSDの領域が32GBしかないので、SSDで大容量にした方が良い。

と、アドバイスをいただきました。

あとその方は、写真が趣味であればiMac 5K 27インチモデルの方が断然お勧めと言っていました。 ただし、27インチを使用するのであれば、モニターと目の距離が約75cmが最適で、それを実現するには奥行き約95cmのデスクが必要になると教えてくれました。

iMac 21.5 4KモデルをBTOで注文

アップルストアのスタッフに親切丁寧に教えてもらったおかげで、構成が決定しました。

  • iMac 4K 21.5インチ
  • CPU 3.4GHzクアッドコアIntel Core i5
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 526SSD
  • GPU Radeon Pro 560(4GBビデオメモリ搭載)
  • Magic Mouse 2
  • Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

予算の関係で、メモリは16GBでストレージは526GBのストレージで妥協し、通常のマジックキーボードから+3000円でテンキー付きのマジックキーボードに変更しました。

MacをBTOで注文から到着までの日数

BTOでの注文の際、注意点があります。 BTOでの注文を行うと、注文後生産を行うため通常よりも商品が届くまで時間がかかってしまいます。

今回の注文から商品到着までにかかった時間は

  • 6月21日 Appleオンラインストアで注文
  • 6月23日 出荷準備中
  • 6月24日 海外荷物受付 上海支店(中国)
  • 6月26日 海外発送 上海支店(中国)
  • 6月26日 荷物受付 ADSC支店
  • 6月26日 発送 ADSC支店
  • 6月26日 作業店通過 羽田クロノゲートベース
  • 6月27日 配達完了

で、ちょうど1週間かかりました。

最後に

AppleオンラインストアでMacをBTOで注文したいが、どのような構成したらいいかわからない人は、自分のようにアップルストア店舗でスタッフの方に相談することをお勧めします。

どのスタッフの方も親切で、的確な答えを導き出してくれますよ。

Pocket

  おすすめ記事

 - Mac, PC・スマートフォン