iPad ProでAdobe Photoshop Lightroomモバイル版を使ってみました - E-M-Wonderful

iPad ProでAdobe Photoshop Lightroomモバイル版を使ってみました

      2017/12/10

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

今回は、iPad Pro 10.5インチでRAW現像ソフトのAdobe Photoshop Lightroomのモバイル版を使ってみました。

ちなみにこちらの記事でデスクトップ版Lightroomのことについて簡単に解説しています。

RAW現像ソフトの定番、Adobe photoShop Lightroomを知ろう
こんにちは、E-M-Wです。現在、カメラメーカーやソフトウェアメーカーから多数のRAW現像ソフトがリリースされていますが、今回はその中で自分が愛用しているRAW現像ソフ...
スポンサーリンク




Adobe Photoshop Lightroomモバイル版で出来ること

このLightroomモバイル版では、Lightroomデスクトップ版と比較すると少し機能は減っていますが、ほぼ同等の現像が可能になっています。

しかも、jpegファイルだけでなくRAWデータも扱うことができます。

今回解説するLightroomモバイル版(バージョン2.8.0)で使用可能な補正ツールは、

ライト

  • 露光量
  • コントラスト
  • ハイライト
  • シャドウ
  • 白レベル
  • 黒レベル
  • トーンカーブ

カラー

  • 色温度
  • 色かぶり補正
  • 自然な彩度
  • 彩度

効果

  • 明瞭度
  • かすみの除去
  • ビネット適用量
  • 明暗別色補正

ディテール

  • シャープ
  • ノイズ軽減
  • 偽色の軽減

レンズ

  • レンズ補正

プリセット

  • 独創的
  • カラー
  • 白黒
  • ディテール
  • 効果
  • カメラ

切り抜きと反転

  • 縦横比の変更
  • 画像の回転と反転
  • 角度補正

選択範囲

  • ブラシ選択
  • 円形選択ツール
  • 線形選択ツール

が使用可能になっています。

ちなみにデスクトップ版でできて、モバイル版できない補正は、

  • レンズ補正ツールで手動による歪み・フリンジ軽減
  • Upright 機能を使った歪み補正
  • 粒子効果
  • カメラキャリブレーションの全般
  • スポット修正

などがあります。 ただし、アプリケーションのアップデートで、今後これらの機能が使用できるようになる可能性もあります。

補正ツール以外にも、フラグとレーティングの設定も可能です。ただし、カラーラベルは設定できません。

そして、このLightroomモバイル版の一番のポイントは、デスクトップ版とモバイル版で写真を同期できる点です。

この機能を使用すれば、PCで編集した写真をiPadで引き継いで編集したり、逆にiPadで編集した写真をPCに引き継ぐことができます。

ただし、この同期機能を使用するには、Lightroom CCは2015.4以上、Lightroomパッケージ版は6.4以上にアップデートする必要があるのでご注意ください。

デスクトップ版とモバイル版で写真を同期する方法については、後述のAdobe Photoshop Lightroomデスクトップ版と同期する方法で解説しています。

Adobe Photoshop Lightroomモバイル版の始め方

このモバイル版のLightroomを使用するには、まずは、Appストアでアプリをダウンロードします。

Adobe Photoshop Lightroom for iPad
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
アプリケーションを開いて、ログインをタップします。

Adobe IDでログイン、またはFacebookのアカウントでログイン・Googleでログインを選択します。

自分はAdobe IDを所持しているのでAdobe IDでログインを選択しました。

Adobe IDの電子メールアドレスとパスワードを入力してログインをタップします。

これでAdobe Photoshop Lightroomモバイル版が使用可能になりました。

Adobe Photoshop Lightroomデスクトップ版と同期する方法

デスクトップ版のアカウント名の表示されている部分をクリックし、Lightroomモバイルと同期を選択します。

これでモバイル版とデスクトップ版の同期が開始されます。

次にモバイル版と同期したい写真のコレクションを作成し、コレクションの左の四角をクリックすると矢印のようなマークが表示されます。

Lightroomモバイル版のアプリを開くとこのようにデスクトップのコレクションが同期されています。

iPad ProでRAW現像に挑戦

実際にiPad ProでLightroomモバイル版を使用して、RAW現像を行なってみます。

写真を選択し、現像を始めます。

選択できる項目は、基本補正がライト・カラー・効果・ディテール・レンズで、それ以外にもプリセットの適用・切り抜きと回転・選択範囲を編集・設定のペーストがあります。

切り抜きと反転

まずは、切り抜きと反転を選択してみます。

ここで縦横比や角度を調整することができます。 今回は縦横比を3:2に変更しました。

ライトを選択し、露出を調整

ライトを選択すると、露出関連の調整を行うことができます。 調整方法はスライダーを左右に動かすだけです。

露出を調整する際は、左上の部分を二本指でタップするとヒストグラムが表示されるのでそれを参考にすると調整の目安になります。

カラーで色の調整

カラーを選択すると、色関連の調整を行うことができます。 さらに、混合を選択すると色ごとに色相・彩度・輝度を調整することができます。

カラーの調整とは、関係のない話ですがヒストグラムの表示を二本指でタップすると、撮影時の情報(絞り値・シャッタースピード・ISO感度・焦点距離・カメラの機種)が表示されます。

ちなみにもう一度二本指でタップすると、非表示になります。

範囲選択で調整

次は選択範囲の編集を行ってみます。

  1. 左上の矢印を選択します。
  2. 選択範囲の指定方法を選択します。 選択範囲の指定方法の種類は、ブラシ選択・円形選択ツール・線形選択ツールの三種類があります。
  3. 選択範囲を指定します。 赤い部分が選択された範囲になります。
  4. 赤枠を選択すると選択範囲を反転することができます。
  5. 選択範囲が決まったら、補正項目のスライダーを動かして調整します。終わったら完了をクリックします。

選択範囲の露出をマイナスに補正することで花の周りを暗くすることが出来ました。

ディテールでシャープネスを調整

ディテールでは、シャープネス・ノイズ軽減・偽色の軽減の調整を行うことができます。

ちなみにこれまでのLightroomモバイル版バージョン2.8.0以前はこの調整項目はありませんでした。

ディテールの調整時は、画像をピンチアウトで拡大すると作業しやすくなります。

最後に

上の写真が現像前、下の写真が現像後です。

初めてiPad ProでLightroomモバイル版を使用し現像しましたが、機能も充実しており、想像以上に使いやすかったです。

自分のようにデスクトップ版のLightroomを使用しているユーザーであれば、Lightroomモバイル版は誰でもすんなり使用することができると思います。

個人的には簡単な現像だったら、PCを使わずiPad Proだけで完結できそうです。

 

Lightroom MobileがLightroom CC mobileにリニューアルされました、新機能や変更点を解説
こんにちは、E-M-Wです。デスクトップ版Adobe Photoshop Lightroomが2017年10月18日にバージョンアップされ、Lightroom CCとLightroom Classic CCの2種類がリリースさ...

 

2017/12/10追記

 Lightroom Mobileは、 Lightroom CC Mobileにリニューアルされました。この記事では新機能や変更点などを解説しています。

Pocket

  おすすめ記事

 - iPad, PC・スマートフォン ,