カメラの基本、構図を覚えよう - E-M-Wonderful

カメラの基本、構図を覚えよう

      2017/03/19

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

広大な景色や魅力的な被写体を見つけてシャッターを切ろうとした時どのように画面に収めればいいか迷う時がありますよね。

そんな時はこれから紹介する基本的な構図パターンを画面に当てはめてみて下さい。

作例の写真は初心者の自分がすべて撮影してものですのでお見苦しい点あると思いますが、お許しください。

スポンサーリンク




三分割構図

三分割構図

最もよく使われる構図です。

どのように画面を整理しようか悩んだ時はまずこの構図を使ってみてください、風景などたくさんの要素があるものも簡単に整理できます。 バランスを取るのに最適な構図です。

20160430-田んぼと空

田んぼと空の境目をラインに重ねます、強調したい要素を多く配分するのがポイントです。 上の写真では空を強調したかったので、空2田んぼ1で分割しました。

20160430-猫

ラインだけでなくラインとラインの交点も使うことができます、上の写真のように交点に被写体を配置するだけで写真の安定感が増します。

このように主役の配置に迷った場合は交点に配置してみましょう。

ちなみに三分割構図はラインと交点の両方を同時に使うことも可能です。

日の丸構図

日の丸構図

画面の中央に被写体を置く構図です、シンプルでストレートに魅力を伝えることができます。

20160429-名称未設定 1

上の写真は背景を暗くして主役である真っ赤なバラを目立つようにしました。 このように被写体が目立つように背景を選ぶことがポイントです。

20160429-コスモス

上の写真のように背景を多く、主役を小さく配置することで静かなイメージにもなります。

ただし日の丸構図は使いすぎると単調になるので注意が必要です。

二分割構図

二分割構図1

二分割構図2

画面を中央で二分割する構図で、安定感を出すことができます。

二分割構図の派生型でシンメトリー構図のいうものもあり、後ほど解説します。

20160429-島

この写真のように水平線や地平線で分けると二分割構図になります。

20160429-二分割

この写真のように上下、もしくは左右対象な風景を配置するとシンメトリー構図になります。

放射線構図

放射線構図

奥行きを表現出来る構図。

放射線の中心から広がっていくイメージを出せるため、空間を広く表現できます。

20160430-高架下

上の写真のように広角レンズを組み合わせることにより、奥行きの強調効果をより強く出すことができます。

20160430-電車

この写真は放射線の終点をあえて見せないことで見る人に長さを想像させるようにしています。

対角線構図

対角線構図

リズムや動きを出す構図。

画面に対角線を作り、その対角線上に被写体を配置したり、対角線で分割したりします。

ただし、シンプルな風景などにこの構図を使用すると逆効果になり、不自然な雰囲気になりますので注意が必要です。

20160430-ホッキョクグマ

画面を斜めに傾けて意図的にラインを作り、歩いているホッキョクグマに躍動感をつけました。

20160430-バラ

対角線上にバラを配置してリズムと奥行きを出しました。

最後に

今回は五つの基本的な構図を紹介しました。

この他にも、三角構図や額縁構図、サンドイッチ構図などたくさんの構図があります。

いきなりたくさんの構図を覚えて使うのは大変ですので、少しずつ覚えて使っていきましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, 撮影方法