Lightroom MobileがLightroom CC mobileにリニューアルされました、新機能や変更点を解説 - E-M-Wonderful

Lightroom MobileがLightroom CC mobileにリニューアルされました、新機能や変更点を解説

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

デスクトップ版Adobe Photoshop Lightroomが2017年10月18日にバージョンアップされ、Lightroom CCとLightroom Classic CCの2種類がリリースされました。

 

Lightroomがリニューアル、Lightroom CCとLightroom Classic CCの違いについて解説
こんにちは、E-M-Wです。2017年10月18日、AdobeがLightroomの新しいバージョンをリリースしました。今回のバージョンアップで、まず最初に驚いたのは、今回のLightroom...

 

そして、iOSとAndroidのLightroom Mobileもそれに伴い、Lightroom CC mobileと言う名前にリニューアルされました。

今回は、Lightroom CC mobileの変更点や新機能を解説していきます。

 

iPad ProでAdobe Photoshop Lightroomモバイル版を使ってみました
こんにちは、E-M-Wです。今回は、iPad Pro 10.5インチでRAW現像ソフトのAdobe Photoshop Lightroomのモバイル版を使ってみました。ちなみにこちらの記事でデスクトップ...

上の記事では旧 Lightroom Mobileの編集機能を使用してRAW現像を行なっています。 編集の使い方を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク




Lightroom cc mobileの変更点・新機能

編集時の写真の表示がこれまでよりも大きくなった

上は旧Lightroom Mobileの編集画面です。

上は新Lightroom CC Mobileの編集画面です。

表示されている内容は新旧共に同じですが、Lightroom CC Mobileの方が、右側のツール表示が狭くなっており、それによって写真をこれまでよりも大きく表示しています。

些細な変更点ですが、少しでも写真の表示が大きい方が編集がしやすいので個人的には嬉しい変更点です。

Adobe senseiによる自動キーワード機能が追加された

Adobeの人工知能のAdobe sensei(日本語で先生という意味らしいです)が被写体に応じて検索用のキーワードを自動的に適用してくれます。

画面上にある検索ウィンドウに検索したい被写体を入力します。 今回は、ハイビスカスと入力して検索をしてみます。

このようにちゃんとハイビスカスの写真を見つけてくれました。

しかし、この機能はまだまだ完璧な精度ではありません。

 

クラウド対応でいつでもどこでも使える、新しくなったLightroom CCの使い方
こんにちは、E-M-Wです。2017年10月18日、AdobeがLightroomの新しいバージョンとして、Lightroom CCとLightroom Classic CCの2種類がリリースされました。  ...

 

上のMac版 Lightroom CCの記事でもAdobe senseiのテストを行いました。

その際は残念ながら関係ない被写体まで検索結果に表示されてしまいました。

なので、正確なキーワード検索を行いたい方は手動でキーワードを付与することをお勧めします。

クラウドストレージの容量が変更された

Lightroom Mobileで使用できるクラウドストレージの容量は、Adobeの加入しているプランによって違います。

これまではコンプリートプランで20GB、フォトプランで2GBのクラウドストレージが使用できました。

ただ、この容量では新登場のデスクトップ版Lightroom CCとLightroom CC mobileをクラウドでバリバリ活用するには少々物足りないと思います。

しかしご安心ください、今回プランごとのクラウドストレージの容量が変更されました。

 

コンプリートプランフォトプランフォトプラン(1TB)Lightroom CCプラン
使用出来るアプリ Lightroom CC,Lightroom Classic CC,Photoshop CC,他のAdobeアプリ全てLightroom CC,Lightroom Classic CC,Photoshop CC,Lightroom CC,Lightroom Classic CC,Photoshop CC,Lightroom CC
クラウドストレージ100GB20GB1TB1TB
価格月額4980円月額980円月額1980円月額980円

この表でもわかるように全てのプランでクラウドストレージの容量が増加しています。

これなら今まで以上にクラウドストレージに写真をアップロードすることができますね。

プリセットフィルターの項目が減った

Lightroom CC Mobileには編集の知識がなくても簡単に写真の雰囲気を変えることができるプリセットフィルター機能があります。

このプリセットフィルターの数が旧Lightroom Mobileでは合計48個あったのですが、このLightroom CC Mobileでは、合計36個に減少しています。

プリセットフィルターのカラーの項目です。上の写真では、高コントラストを適用しています。

  • ナチュラル
  • 明るく
  • 高コントラスト
  • 強ディテール
  • ビビット
  • マット

の6種類のフィルターがあります。

プリセットフィルターの独創的の項目です。上の写真では、クールライトを適用しています。

  • 彽彩度コントラスト
  • クールライト
  • ターコイズとレッド
  • ソフトミスト
  • 古いインスタント
  • コントラスト(暖色)
  • フラットとグリーン
  • レッドリフトマット
  • シャドウ(暖色系)
  • 古い写真

の10種類のフィルターがあります。

プリセットフィルターの白黒の項目です。上の写真では、セピア調を適用しています。

  • 風景
  • 高コントラスト
  • 型抜き
  • 彽コントラスト
  • フラット
  • ソフト
  • 赤外線
  • セレン調
  • セピア調
  • 明暗別

の10種類のフィルターがあります。

プリセットフィルターの要素の項目です。上の写真では、カーブ-クロスプロセスを適用しています。

  • カーブ-クロスプロセス
  • カーブ-フラット
  • カーブ-リフトシャドウ
  • カーブ-強いSカーブ
  • 粒子-01-軟調
  • 粒子-02-中
  • 粒子-03-硬調
  • 周辺減光-01-彽
  • 周辺減光-02-中
  • 周辺減光-03-高

の10種類のフィルターがあります。

ちなみに デスクトップ版Lightroom CCにはユーザープリセットの作成機能がありますが、Mobile版ではその機能が使用できません。

改善してほしい点

Lightroom CCは自宅ではデスクトップ版で編集し、そして、Mobile版を使って外出先で編集の続きを行うなどクラウドならではの使い方ができます。

しかし、デスクトップ版でできてMobile版ではできない編集機能や逆にMobile版でできてデスクトップ版ではできない編集機能が存在します。

具体的には、

  • デスクトップ版では、歪み補正・修復ブラシ・ユーザープリセットの作成が使用できますがMobile版では使用できません。
  • Mobile版では、トーンカーブが使用できますが、デスクトップ版では使用できません。

今後のアップデートでこの内容を是非改善してもらいたいですね。

最後に

これまでのモバイル版のLightroomは使い勝手もあまり良くなかったですが、アップデートを重なるごとにいろいろなことができるように進化しています。 今後のさらなる進化に期待ですね。

 

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション