E-M1markⅡにマッチングシミュレーションでいろいろなレンズを装着してみよう - E-M-Wonderful

E-M1markⅡにマッチングシミュレーションでいろいろなレンズを装着してみよう

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

この度マイクロフォーサーズマッチングシミュレーションに「OM-D E-M1markⅡ」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」の3本のレンズが追加されました。

 

 

スポンサーリンク




マイクロフォーサーズ・マッチングシミュレーションとは

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%9913

このマイクロフォーサーズ・マッチングシミュレーションのウェブサイトでは、「マイクロフォーサーズカメラボディ」及び「フォーサーズカメラボディ」に「マイクロフォーサーズレンズ」「フォーサーズレンズ」「クラシックレンズ」の組み合わせた際の外観をシミュレーションすることができます。

現在発売中のボディ・レンズはもちろんのこと、発売前のE-M1markⅡなどでもシミュレーションすることができます。

実際にE-M1markⅡでマッチングシミュレーションをしてみます

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%991

まずはカメラボディを選択します。今回は、「E-M1markⅡ」を選択します。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%992

次にレンズを選択します。

対象のレンズを絞り込むために、1.メーカーを選び、2.レンズタイプを選び、3.商品を選びます。

今回はOLYMPUSの単焦点レンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」を選択しました。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%993

すると、このように「E-M1markⅡ」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」の画像が表示されます。

ちなみにボディ・レンズにカラーバリエーションがある場合は、好みのカラーを選択することも可能です。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%994 %e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%995 %e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%996

また、正面だけではなく背面の画像や左右から見た画像や上面から見た画像も表示することができます。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%997

さらにパワーバッテリーホルダーを装着した画像を表示することもできます。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%998

これは、レンズフードを装着した画像です。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%999

フラッシュも装着できます。 またフラッシュ以外にもビューファインダーやドットサイトを装着することも可能です。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%9910

上の写真は「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」をE-M1markⅡに装着しました。

さすがにフラグシップ機であるE-M1markⅡとPROレンズは見た目の相性もバッチリですね。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%9911

上の写真は「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」を装着した写真です。 とてもコンパクトなレンズですね

マッチングシミュレーションでありえない組み合わせを楽しむ

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%9912

これは、Panasonicから発売された「DMC-GM1」の「 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S」を組み合わせてみました。

GM1はレンズ交換式カメラで世界最小のサイズを売りにしたカメラです。 そして、100-400mm F4.0-6.3レンズは、マイクロフォーサーズレンズで最大の焦点距離400mm(35mm換算800mm)の超望遠レンズです。

そんな普通では組み合わせることのないカメラボディとレンズをマッチングシミュレーション試してみるのも面白いと思います。

まとめ

気になるカメラボディ・レンズがある方はこのマッチングシミュレーションでどのような外観になるのか確かめてみましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラその他