GH5がファームウェアアップデートで20コマ/秒の連写性能になる? - E-M-Wonderful

GH5がファームウェアアップデートで20コマ/秒の連写性能になる?

   

Pocket

43rumorsによると

この情報を信じるのは難しいと思うが、この情報元はとてもよい情報元だ。
この情報がパナソニックのミスリードでなければ、本当に実現する可能性があります。

「PanasonicはGH5の高速連写モードの開発に取り組んでいます。RAWで最大20フレーム/秒の連写機能を追加します。」

今後のファームウェアアップデートで追加される可能性があります。 これは、SONYの新機種のα9のパフォーマンスと同等です。

(この情報の信頼度は5段階評価で3となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




GH5の連写性能が飛躍的に向上

現在GH5の最高連写速度はメカシャッター,電子シャッターともに約12コマ/秒となっています。 ただし、AFS・MF時(ピントが連写一枚目で固定)で約12コマ/秒AFF・AFC時(動体追従連写時)は約9コマ/秒です。

ちなみに他社のミラーレス一眼カメラの連写性能は、

  • OLYMPUS OM-D E-M1markⅡは静音連写Hで約60コマ/秒(ピントが連写一枚目に固定)、静音連写Lで約18コマ/秒(動体追従連写時)
  • SONY α9は電子シャッターで最高20コマ/秒
  • 富士フィルム X-T2は電子シャッターで最高14コマ/秒

となっており、現在は他社のミラーレス一眼カメラに比べ連写性能がやや劣っています。

GH5には4Kフォト・6Kフォトがあり、これを使用すれば4K60pは800万画素で約60コマ/秒、6K30pは1800万画素で約30コマ/秒の高速連写と同等ですが、4K・6Kフォトは動画から静止画を切り出して保存するという仕様上、RAWデータを保存することができないというデメリットがありました。

なので、RAWで連写撮影したい人にはこのファームウェアアップロードは朗報ですね。

ただ、記事中では20コマ/秒はα9と同等の連写性能と書かれていますが、GH5が20コマ/秒にアップデートされても、おそらくはAFS・MF時の連写に限られるのではと推測されます。

そして、このような連写性能を上げるファームウェアアップデートが可能であれば、他のメーカーのミラーレス一眼カメラを使用しているユーザーも自分の機種で同じようなアップデートに期待できますね。

Pocket

  おすすめ記事

 - m4/3ニュース, カメラ