Apple Watchを初めてファームウェアアップデートしました - E-M-Wonderful

Apple Watchを初めてファームウェアアップデートしました

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

Apple Watch series4を購入して一週間が経ちました。

今回は初めてのApple Watchのソフトウェアアップデートを行います。

スポンサーリンク




ファームウェアアップデートの準備

Apple Watchのファームウェアアップデートを行うにはアップルウォッチだけではなくiPhoneが必要です。

iPhoneの準備

まずはiPhoneのバージョンが最新になっているかを確認しましょう。

  1. iPhoneのホーム画面から設定のアプリをタップします。
  2. 設定アプリの一般をタップします。

  1. ソフトウェアアップデートをタップします。
  2. ソフトウェアアップデートが最新であればこのように表示されます。 もし、最新ではなければ先にiPhoneのソフトウェアをアップデートしておきましょう。

Apple Watchの準備

次はApple Watch側の準備に移ります。

  • Apple Watchを充電器に載せて、バッテリーを50%以上にしましょう。
  • iPhoneとApple Watchが通信できるように近くに置きます。

Apple Watchをアップデート

  1. iPhoneのホーム画面にあるApple Watchアプリのアイコンをタップします。 ちなみにApple Watchアプリのアイコンに書かれている数字はApple Watchのファームウェアアップデートがあることを示しています。
  2. 一般の項目をタップします。

  1. ソフトウェアアップデートの内容が表示されるので確認してから、ダウンロードとインストールをタップします。
  2. iPhoneのパスコードを入力します。
  3. 利用条件をよく読んで問題がなければ、同意するをタップします。

  1. ファームウェアアップデートのインストールが開始されたらApple Watchに画面にリンゴマークが表示され、その周囲にインストールの進捗を示すインジケーターが表示されるのでそのまま待ちます。 ちなみに今回は5分ほどで終了しました。

  1. iPhoneの画面にアップデート完了の文字が表示されたら終了です。
  2. 最新版のバージョンが表示されます。

最後に

ファームウェアアップデートは新機能が追加されるだけでなく、脆弱性やバグなどを改善してくれるのでとても重要です。

ファームウェアアップデートが通知されたら、どのような内容なのかしっかりと確認しておきましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - Apple Watch, PC・スマートフォン