オリンパスが12-45mm F4.0を間も無く発表する? - E-M-Wonderful

オリンパスが12-45mm F4.0を間も無く発表する?

   

43rumorsによると

明日、ロンドン時間14:00にオリンパスが新しいマイクロフォーサーズレンズのロードマップを発表します。

以下が発表予定のレンズです。

  • 150-400mm PROレンズ
  • 12-45mm F4.0 PROレンズ(シンクロ手ぶれ補正なし、Fnボタンなし)
  • 50-200mmmのいくつかの望遠レンズ

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。




オリンパスの新しいレンズロードマップ

先日、オリンパスのCEOがカメラ事業から撤退すると言った、言っていないのすったもんだがあり、私を含めオリンパスユーザーはマイクロフォーサーズの今後についてとても心配になっていたでしょう。

しかし、今回の噂によると新しいレンズのロードマップが発表されると言うことなので、オリンパスがいますぐカメラ事業から撤退すると言うことはひとまずなさそうですね。

今回、発表が噂されているのは、E-M1Xとともに開発が発表され話題になった、「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」と12-45mm F4.0 PROと複数の望遠レンズです。

lens roadmap Jan 24 2019 OPR rev 2 0 1024x614 - オリンパスが12-45mm F4.0を間も無く発表する?

ちなみに以前発表されたレンズロードマップにこれらのレンズはちょうど当てはまります、と言うことは今回発表されるのはすべてPROレンズなのかもしれません。

しかし、12-45mm F4.0 PROというのは一体どの辺がPROレンズなのか気になります。

すでに「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」があるのに、12-45mm F4.0というスペックは少々疑問です。

もしかすると何か驚きの機能を持ったレンズなのかもしれませんね。

発表は明日のロンドン時間の14:00ということなので、日本では11月27日23時頃になります。

マイクロフォーサーズニュース新着記事

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース