オリンパス E-M1Xはキャノン 1DXのような縦グリップ一体型モデルになる? - E-M-Wonderful

オリンパス E-M1Xはキャノン 1DXのような縦グリップ一体型モデルになる?

   

Pocket

43rumorsによると

実物のカメラを見たもう一つの信頼できる情報元は、 E-M1XはCanonの1DXクラスのカメラだと言っています。

それは本格的なスポーツカメラマンのためのカメラであり、そしてボディは縦グリップ一体型であることを意味します。

私は現在いくつかの仕様についての情報を取得しようと努力しており、このカメラに搭載されているユニークな機能についての情報もあります。

オリンパスは、マイクロフォーサーズカメラで実現可能なことを示すために、このカメラでは多くの革新的な機能を導入するだろう。

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




E-M1Xはミラーレス一眼カメラでは初の縦グリップ一体型モデル

左はOLYMPUS OM-D E-M1markⅡ、右はOLYMPUS OM-D E-M1

2019年1月に発表が予定されているE-M1Xの新たな情報が舞い込んできました。

E-M1Xはキャノン 1DXのような縦グリップ一体型モデルになると書かれています。

もし噂が本当だとしたら現在のミラーレス一眼カメラでは世界初の縦グリップ一体型モデルということになりますね。

しかし、これは、正直賛否が分かれると思いますね。

ちなみに自分はOLYMPUS OM-D E-M1markⅡのパワーバッテリーグリップ HLD-9を所有していますが、バッテリーグリップを装着するとボディが大きく重くなってしまうため普段は使用していません。

バッテリーグリップを装着するときは主に望遠レンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO を使用するときです。

E-M1markⅡで望遠レンズを多用する方やバッテリーグリップ付けっ放しで運用している人にとっては、 E-M1Xが縦グリップ一体型になることには朗報かもしれませんが、多くのユーザーはあまりこの仕様を歓迎しないのではと思います。

噂の信憑性が5と非常に高いのですが、 個人的には今回の噂は情報源の見間違いで、実際は外付けのバッテリーグリップを装着していただけだったらいいのにと思っています。

縦グリップ一体型ということで自分としては購入意欲がだいぶ削がれましたが、まだ肝心の新機能やスペックに関しては不明なので今後の情報に期待したいですね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース