PanasonicがG9 PRO・GH5・GH5Sのファームウェアアップデートを発表 - E-M-Wonderful

PanasonicがG9 PRO・GH5・GH5Sのファームウェアアップデートを発表

   

PanasonicがマイクロフォーサーズカメラのLUMIX G9 PRO・LUMIX GH5・LUMIX GH5Sのファームウェアアップデートが2019年11月19日(火)から開始することを発表しました。




LUMIX G9 PRO Ver2.0・LUMIX GH5 Ver2.6・LUMIX GH5S Ver1.4の内容と対応表

G9 PROGH5GH5S
動物の動きにしっかりフォーカスする「動物認識AF」に対応
遠近の被写体、どちらを狙う場合も迷わない「AF-ON近側/遠側設定」に対応
細かなピント確認ができる「AF時ピーキング」に対応
「4:2:2 10bit記録 4K/30p記録(MOV)、VFR、HLG動画、V-Log L(別売DMW-SFU1)」に対応
ハイレゾモード時の動き補正に対応(MODE2追加)
ライブビューブーストの表示モード改善(MODE1追加)
Profoto社製コマンダー「Air Remote TTL-O/P」、「Profoto Connect-O/P」に対応
自動認識AFの主要被写体切り替えに対応
クリエイティブ動画モード時、ライブビュー中のAF動作に対応
ホワイトバランスに「AWBw」を追加
測光モード「ハイライト重点測光」を追加
測光モードの基準露出レベルの調節が可能
オートレビューの時間設定値に0.5秒を追加
Mモード+ISOオート時の動作を改善
背面モニター消灯時の前後ダイヤル操作改善
動画撮影時における手ブレ補正の動作安定性向上

G9 PRO・LUMIX GH5・LUMIX GH5Sのアップデートについての感想

G9 PRO・LUMIX GH5・LUMIX GH5Sのアップデートの噂は耳にしていましたが、ここまで大規模なアップデートがあるとは予想外でした。

G9 PROとGH5Sは2018年1月に発売され、GH5に限っては2017年3月と2年半以上も前に発売された機種です。

どの機種もパナソニックのミラーレス一眼カメラのラインナップでは上位機種で高価格な商品なので、古くなってもこうしてアップデートで新鮮さを保ってくれるのはとてもありがたいことだと思います。

ただ今回のアップデートされたカメラの中でもG9 PROが一番良い内容だと思います。

もともと、パナソニックのマイクロフォーサーズカメラのラインナップでG9 PROは写真撮影に特化したカメラ、GH5は動画機能を重視しつつ、写真撮影においても活躍できるハイブリットなカメラ、 GH5Sは高感度性能を重視した動画・静止画のハイブリットなカメラという位置付けでした。

そのためG9 PROの動画撮影の性能は他の2機種に比べ劣っていました。

しかし、今回のアップデートで「4:2:2 10bit記録 4K/30p記録(MOV)・VFR・HLG動画・V-Log L」に対応し、もはや静止画性能だけでなく動画性能もトップクラスのミラーレス一眼カメラとなったのです。

このようにG9 PROユーザーには嬉しいアップデートですが、逆にGH5ユーザーにとってはG9 PROの動画性能が良くなりすぎてあまり面白くないアップデートになったかもしれません。

また今回のアップデート内容には「動物認識AF」

があります、これは顔認識や人体認識AFの動物版で鳥・イヌ科・ネコ科の動物をAFで認識してくれる機能です。

ただしこの機能残念ながらGH5には対応していないのです。

もしかすると、後継機のGH6に搭載するために今回のアップデートでGH5には搭載しなかったなんてこともあるのかもしれませんね。

マイクロフォーサーズニュース新着記事

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース ,