パナソニックのフルサイズカメラの新たなスペック情報 - E-M-Wonderful

パナソニックのフルサイズカメラの新たなスペック情報

      2018/10/07

Pocket

43rumorsによると

私は、パナソニックが9月25日にフルサイズカメラの開発を発表することを何回も伝えてきました。

今回、私が得た最新の情報は、私が信頼できる情報源からは確認できていない情報です。

  • HEVC &H.264
  • 8K(30P・10bit外部?)を記録できることができ、それがフルサイズに移行するための主な理由である
  • 2K(240P)・2.7K・4K(120P?)・6K(60P?)が追加されます
  • super 35mm アナモルフィック動画撮影モード
  • ProResRAWにファームウェアアップグレードをサポートすることができる
  • 特別な低照度撮影モード
  • 写真性能はG9に匹敵する
  • AIベースのオートフォーカスもしくは次世代のDFD。

この噂は未検証のため信頼性の低い噂であるということを忘れないでください。

(この情報の信頼度は5段階評価で2となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




パナソニックのフルサイズカメラは8K動画が撮影可能になる?

来週発表が予定されているパナソニックのフルサイズカメラのスペックの噂が新たに追加されました。

今回のスペック情報で一番の目玉は何と言っても8K動画が撮影可能になるという噂でしょう。

さて、最近はデジタル一眼カメラで動画撮影する人が増えたためか、各社が動画撮影機能に力を入れているのが現実です。

4K動画撮影機能は当然のようの搭載されてますし、LOG撮影できるデジタル一眼カメラも増えてきたように思います。

ただ他社がいくら動画機能に力を入れていてもパナソニックの動画性能にはまだまだ及びません。

そんな動画撮影の分野では他社の一歩二歩先を行くパナソニックだからこそ、新しいフルサイズカメラで8K動画に対応というのも実現できるような気がします。

まだまだ信ぴょう性の低い噂ではありますが、大いに期待できるのではないかと思います。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース