E-M1Xは2つのTruePic VIII プロセッサを搭載している? - E-M-Wonderful

E-M1Xは2つのTruePic VIII プロセッサを搭載している?

   

43rumorsによると

E-M1Xは2つのTruePic VIII プロセッサを搭載しています。

 

噂されているE-M1Xのスペック

  • 名前:E-M1X OMD camera
  • センサー:20MP
  • フレームレート:18fps
  • E-M1markⅡの2倍の処理能力
  • 7.5+EV(7.5段分の手ぶれ補正効果)
  • 2つのTruePic VIII プロセッサを搭載
  • オートフォーカス:適応とフォーカスポイントの拡張。 例1.あなたが人を撮影していて、車の撮影に移行すると、フォーカスポイントの数が自動的に増えます。 例2.あなたがバスケットボール選手を撮影している場合、5点のフォーカスポイントが垂直になります。
  • ボディサイズ:縦グリップ一体型で本体サイズは幅 144.37 mm x 高さ 146.765 mm x奥行75.345 mm
  • 手持ちハイレゾショットはシャッタースピード1/60秒までで超高解像度(80MP前後)の画像を撮影することができます
  • スポーツや野生動物の写真家をターゲットにしている
  • ライブNDフィルターを搭載
  • 価格:3000ドル前後
  • 2019年1月に発表されます、同時に2本の望遠ズームレンズ、1本の広角ズームレンズ、スピードライト、zuiko binoculars
  • 発売日は2月

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




TruePic VIIIとは

TruePic VIIIはOLYMPUS OM-D E-M1markⅡで採用された画像処理エンジンです。

オリンパスの公式サイトによると、

画像処理専用のクアッドコアと、カメラの制御や演算処理を行うクアッドコアの2種類を1つのチップに凝縮。センサーの読み出しやAF処理、画像処理などを並列処理する最新のプロセスにより、高速化と低消費電力化を実現しました。

と書かれています。

E-M1XにはそのTruePic VIIIプロセッサーが2つ搭載されているということなので、E-M1markⅡの2倍以上の処理性能を持っているということになります。

その結果、手持ちハイレゾショットを実現できたのかもしれませんね。

ただハイエンドモデルであるE-M1Xには新規の画像処理エンジンが搭載されてもよかったのではと思います。

残念ながら、新しい画像処理エンジンの登場はE-M1markⅡの後継機までお預けのようですね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース