オリンパスとパナソニックに2019年期待していること - E-M-Wonderful

オリンパスとパナソニックに2019年期待していること

   

DPREVIEWに2019年に各カメラメーカーに期待していることが書かれています。

今回は、オリンパスとパナソニックを抜粋して紹介します。

スポンサーリンク




オリンパスに2019年期待していること

オリンパスは今のミラーレス一眼カメラの原点を製造したメーカーのうちの1つでした。

そして、10年後の今、オリンパスはユーザーにフルサイズセンサーのカメラを提供していない(もしくは準備していない)唯一のカメラメーカーです。

カメラ部門のみなさんにとって大変な年になることはわかっていますが、2019年以降に物事を中断させる方法についていくつかのアイデアがあります。

  • 再び小型のカメラを開発します。おそらく新しいPEN-F?
  • OM-D E-M5 MarkⅡの後継機をリリース?
  • オリンパスのカメラのメニューシステムをシンプルで分かりやすくしてください
  • エントリーモデルのPENとOM-Dにも像面位相差AFを追加してください。
  • コンデジのTOUGHシリーズに今より大きいサイズのセンサーを採用して欲しい。

と書かれています。

パナソニックに2019年期待していること

パナソニックが数ヶ月後にフルサイズ市場に参入する準備をするためにパナソニック本社がかなり多忙であることが想像できます。

DPREVIEWが2019年にパナソニックを助けるためのいくつかの提案があります。

  • 良くするために、フィールドシーケンシャルEVFSを捨てます。
  • 動画撮影のためにDFDを修正、またはその代わりに像面位相差AFを使用しましょう。
  • Lマウントアライアンスに入った今、フルサイズの4kビデオカメラを開発してみませんか?

と書かれてます。

E-M-Wが2019年オリンパスとパナソニックに期待していること

この記事を読んで自分自身も2019年オリンパスとパナソニックに期待することを考えてみました。

オリンパス

  • 発売が噂されるE-M1Xの価格が30万円以下であること
  • 発売が噂される150-400mm F4.0が50万円以下であること
  • 発売が噂される2倍のテレコンバーターがM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO にも使用できること
  • 年内にE-M5 MarkⅡの後継機がリリースされること
  • 年内にE-M1markⅡの後継機がリリースされること

などを期待しています。

パナソニック

  • 発売が予定されているS1の価格が25万円以下であること
  • 発売が予定されているS1Rの価格が40万円以下であること
  • Lマウントのレンズが年内に10本以上は発売されていること
  • 発売が予定されているマイクロフォーサーズ用の10-25mm F1.7の価格が20万円前後であること
  • マイクロフォーサーズ規格でも新しいカメラもリリースされること

などを期待しています。

最後に

2019年はオリンパスからもパナソニックからも様々な新製品がリリースされそうなので楽しみな年になりますね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース ,