Adobe camera raw9.9をリリース、E-M1markⅡが正式にサポートされました - E-M-Wonderful

Adobe camera raw9.9をリリース、E-M1markⅡが正式にサポートされました

      2017/07/08

Pocket

Adobecamera raw9.9をリリースし、新たなカメラのサポートとレンズプロファイルが追加されました。

camera raw9.9でサポートされたカメラ

  • Canon PowerShot G9 X Mark II
  • CASIO EX-ZR3200
  • FUJIFILM GFX 50S
  • FUJIFILM X100F
  • FUJIFILM X-A10
  • FUJIFILM X-T20
  • Laica M10
  • OLYMPUS E-M1markII
  • Panasonic DC-FZ80
  • Panasonic DC-GF9
  • Panasonic DC-GH5
  • Panasonic DMC-TZ82
  • Phase One IQ3 100MP "S"圧縮モードはサポートされていません)

camera raw9.9でサポートされたレンズプロファイル

新たにiPhone7のレンズやNikonのレンズやCanonのレンズなど28種類のレンズプロファイルが追加されました。 詳しくはこちらを参照してください。

スポンサーリンク




OLYMPUS OM-D E-M1markⅡが正式にサポート

camera raw9.8ではE-M1markⅡは暫定的なサポートだったため、LightroomもしくはphotoshopでRAW現像を行うとカメラキャリブレーションのプロファイルの項目は Adobe Standard-BETAと表示され、これ以外のプロファイルは使用できませんでした。

camera raw9.9にアップデート後の正式サポートされたE-M1markⅡはカメラプロファイルがAdobe Standard・Camera Monotone・Camera Muted・Camera Natural・Camera Portrait・Camera Vividの6つ使用できるようになりました。

以前のAdobe Standard-BETAを使用してE-M1markⅡで現像した写真も、今回追加されたプロファイルを使用して現像し直すとまた違った現像結果に仕上がって良いかもしれませんね。

Pocket

  おすすめ記事

 - m4/3ニュース, カメラ