Panasonicが間もなく「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」を発表する - E-M-Wonderful

Panasonicが間もなく「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」を発表する

      2018/08/31

Pocket

デジカメinfoによると、Panasonicが間もなく「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」を発表すると書かれています。

詳しい内容は

  • LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」は6月15日に発表される。
  • LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」の画像掲載

となっています。

スポンサーリンク




「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」の画像

pana_12mmf1.4
pana_12mmf1.4-2
まずこのレンズには絞りリングが付いていることがわかります。 Panasonicのマイクロフォーサーズレンズで絞りリングが付いているのは「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. 」と「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.」に続き3本目のレンズとなります。

そして、この画像では分かりにくいですが、フィルターサイズは62mmと書いています。 さすがにF1.4だけありフィルターも大きいですね

最短撮影距離は0.2mと書かれています。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0と比較

フィルターサイズ

「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」はフィルターサイズは46mmなので、結構大きくなります。 ちなみに「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」はフィルターサイズが62mmでこの大きさはOLYMPUSの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と同じフィルターサイズになります。

最短撮影距離

これは両レンズとも0.2mとなっています、ちなみに最大撮影倍率は0.08倍です。

サイズ、重量

「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」のサイズ、重量はまだわかりませんが間違いなく大きく重くなるでしょう。

価格

「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」は家電量販店で70000円前後の価格で売られています。 「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.」は100000円を超えてしまいそうですね。

まとめ

値段が高くなりそうですが、LEICAの名が付いているレンズなので描写性能は期待できそうですね。

近日の発表を楽しみにしましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース