Lightroomがリニューアル、Lightroom CCとLightroom Classic CCの違いについて解説 - E-M-Wonderful

Lightroomがリニューアル、Lightroom CCとLightroom Classic CCの違いについて解説

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

2017年10月18日、AdobeがLightroomの新しいバージョンをリリースしました。

今回のバージョンアップで、まず最初に驚いたのは、今回のLightroomには2種類のバージョンがリリースされたことです。

その2種類のバージョンとはLightroom CCとLightroom Classic CCの2種類です。

Lightroom CCは聞きなれた名前なので特に気になりませんが、もう一方のLightroom Classic CCが気になりますよね。

スポンサーリンク




Lightroom CCとLightroom Classic CCとは

Lightroom CCとLightroom Classic CCとの違いを解説する前に以前のバージョンについて解説します。

以前のLightroomは、Lightroom6とLightroom CCの2種類が存在しました。

この2種類の違いを簡単に表にしてみました。

この表から分かるようにこの2種類の大きな違いは買い切り制か月額制かPhotoshopが使用できるかできないかでした。

では、話は戻って、今回リリースされたLightroom CCとLightroom Classic CCとの違いについての解説をします。

Lightroom Classic CCとは

Lightroom Classic CCと言う名前を聞くと、一体どんな変更点があるのか気になりますよね。 ちなみに、classicとは古典的や古いなどの意味がありますが、もちろん古くなったわけではありませんのでご安心を。

紛らわしい名前に変わりましたが、このLightroom Classic CCこそが以前のLightroomからの正当な後継バージョンとなっています。

Lightroom CCとは

Lightroom Classic CCが正当な後継バージョンと説明しましたが、ではもう一方のLightroom CCについて解説していきます。

今回、発表されたLightroom CC(新版)は以前のLightroomCC(旧バージョン)とは別のアプリとなっています。

簡単に説明すると、Lightroom CC(新バージョン)はクラウドベースの新しいバージョンです。

デスクトップ版だけでなく、スマートフォン版・タブレット版・WEBのリリースされており、オンライン連携によりいつでもどこでも全てのデバイスで写真を編集・整理・保存・共有することができます。

Lightroom CCとLightroom Classic CCのプラン

Lightroom CCとLightroom Classic CCの2種類がリリースされたことにより料金プランが3種類に変更されています。

買い切り版は廃止

ちなみに買い切り版だったLightroom6はバージョンアップされず、残念ながら廃止されてしまいました。

Lightroom6を今後も使用することは可能ですが、2017年の終わりにサポートが終了し、不具合の修正や新しいカメラの対応などは行われなくなるのでユーザーの方は、早急にサブスクリプションプラン(月額)に移行を検討したほうが良いと思われます。

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション