パナソニックから発表予定のG9のスペックの追加 - E-M-Wonderful

パナソニックから発表予定のG9のスペックの追加

   

Pocket

43rumorsによると、

私たちの信頼できる情報源の一つがパナソニックのG9のスペックについて情報を追加しています。

  • ローパスフィルタレスで20.3MPのセンサーを搭載
  • 8枚の画像を組み合わせて、80MPの画像を作成するモード
  • 6KPhotoモード
  • AFSで60コマ/秒の超高速連写
  • ダブルカードスロット
  • マグネシウム合金を使用したボディ、-10度までの耐寒性能
  • 368万メガピクセルのEVF
  • フォーカスエリアの選択のためのジョイスティック
  • 上面表示液晶が追加
  • 連写してもスローダウンしない大きなバッファメモリ
  • 発売日はクリスマスの後

(この情報の信頼度は5段階評価で4となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




G9のスペックについて

今回G9のスペックについて解説しますが、先にこちらをお伝えしないといけません。

軒下デジカメ情報局にパナソニックの「DC-G9」が海外の認証機関に掲載されたことが紹介されていました。

これで11月6日の午前12時(ロンドン時間)に発表されるカメラがG9で確定したということです。

さて話はG9のスペックについてに戻りますが、G8から大幅にスペックアップしていますね。

前回の記事でもスペックについて触れましたが、今回さらに新たにスペックが判明しました

まず画素数が20.3MPにアップされていますが、これはGH5と同じセンサーを採用している可能性が高いですね。

それ以外にもGH5と同様に防塵防滴性能も耐寒性能が-10°までになり、ダブルカードスロットも搭載し、EVFも高精細になっています。

さらに今回驚いたのは、GH5の目玉の1つでもある6KPhotoまで追加されていることです。 それだけパナソニックがこのG9に力を入れているということですね。

あとは、これだけ高性能になっても価格はG8と比較してあまり高くなっていないことを祈りたいですね。

Pocket

  おすすめ記事

 - m4/3ニュース, カメラ