オリンパスプラザでE-M1markⅡを試用レビュー,その2 - E-M-Wonderful

オリンパスプラザでE-M1markⅡを試用レビュー,その2

      2016/11/22

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

以前オリンパスプラザでE-M1markⅡを試用レビューという記事を書きました。

 

オリンパス プラザでE-M1markⅡを試用レビュー
こんにちは、E-M-Wです。11月5日よりオリンパスプラザでE-M1markⅡが先行展示されているので行ってきました。今回は短い時間しか触っていませんが、その中でわかった範囲...

 

今回はその第2弾で電子シャッターの歪みと高感度ノイズのテストを行なってきました。

スポンサーリンク




電子シャッター使用時の動体の歪み比較テスト

電子シャッター最大の弱点は動体撮影時に被写体が歪んでしまうということです。 しかし、E-M1markⅡの電子シャッターは動体撮影時に電子シャッターを使用しても被写体がほとんど歪みません。

どれだけ歪まないか比較するためにE-M1とE-M1markⅡの両機種で電子シャッターで撮影してテストしてみます。

オリンパスプラザには動く被写体がなかったため、今回は指でボールペンを左右に振ったものを被写体にしてみました。

また、このテストは歪みを確認することを目的にしており、ピントのずれや被写体ブレもあります。 そして、一人で撮影とペンを振るのを同時に行っているので、振る速度に多少のばらつきもあり完璧なテストとは言えませんのでご理解ください。

E-M1で電子シャッター使用

設定は、絞り:5.6, s/s:1/400, ISO:1600です。

20161119-pb190098e-m1-densi

20161119-pb190099e-m1-densi

20161119-pb190100e-m1-densi

20161119-pb190101e-m1-densi

20161119-pb190102e-m1-densi

20161119-pb190104e-m1-densi

E-M1markⅡで電子シャッター使用

続いて、同じ設定でE-M1markⅡの電子シャッターでもテストしてみます。

20161119-pb190292e-m1-2-densi

20161119-pb190287e-m1-2-densi

 

20161119-pb190290e-m1-2-densi

20161119-pb190291e-m1-2-densi

20161119-pb190292e-m1-2-densi

20161119-pb190294e-m1-2-densi画像を見てわかるようにE-M1ではペンがしなるように曲がっていますが、E-M1markⅡではほとんど曲がっていません。 さすがに電子シャッターなのでE-M1markⅡでも多少は曲がっていますが個人的には実用レベルだと思います。

高感度ノイズテスト

前回のレビュー時にE-M1とE-M1markⅡの高感度ノイズの比較画像がないと指摘されたので、今回は忘れず撮ってきました。

cake

ちなみにオリンパスプラザに展示されていたこのケーキの模型を被写体にしてみました。

これから見てもらう画像は、rawで撮影したものをOlympus Viewer3でそのまま書き出したものです。

その書き出したものをブログでもわかるように等倍サイズに切り出しています。

em2-64 em1-100

em2-200em1-200

em2-400em1-400

e-m2-800em1-800

em2-1600 em1-1600

em2-3200em1-3200

em1-6400 em2-6400

見比べるとやはりE-M1よりもE-M1markⅡの方が1段ほど改善しているように感じます。

最後に

オリンパスプラザのスタッフに発売日について聞いてみたところ、12月下旬で詳しい日はまだわからないとのことです。

ただ、フォトパスプレミアム会員限定の優先仮予約をした、すべての人に発売日に届くように準備しているので安心してくださいと言われました。

まだ優先仮予約の期間中なので、まだ予約していない方は今すぐに予約しましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, レビュー