プロファイルやUprightが追加された、Lightroom CC モバイル版Ver3.2.0がリリースされました - E-M-Wonderful

プロファイルやUprightが追加された、Lightroom CC モバイル版Ver3.2.0がリリースされました

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

Lightroom CC モバイル版(iOS)がバージョン3.2.0がリリースされ、様々な新機能が追加されました。

今回は、新たに追加された機能を解説して行きます。

スポンサーリンク




カメラプロファイルが使用可能になった

デスクトップ版Lightroom Classic CCでは、使用可能だったカメラプロファイルがLightroom CC モバイル版(iOS)でも使用可能になりました。

Adobe RAW

これまで、モバイル版Lightroom CCで読み込んだRAWデータにはAdobe standardという標準的なプロファイルが自動的に適用され、変更することはできませんでした。

それが、今回のアップデートで新たに6種類追加され自分で選択することが可能になったのです。 (RAWデータにのみ適用可能)

追加された6種類の内容は、

  • カラー
  • モノクローム
  • ポートレート
  • ランドスケープ
  • ニュートラル
  • ビビッド

です。

ちなみにカラーはスタンダードに変わる新しいデフォルトのプロファイルで、様々な写真に適用できる万能なプロファイルになっています。

Creativeプロファイル

アート・モダン・ビンテージ・白黒の4種類のグループがあり、Adobe RAWと違い、RAWデータ以外にも適用することができるプロファイルです。

さらにこのプロファイルは画面下にあるスライダーを動かすことによって効果の強弱を変更することができます。

upright

uprightとは「直立」という意味で、Lightroomではこの機能を使うことによって、歪んでいるものをまっすぐにする機能のことです。

主に撮影した建築物などの歪みの補正に使用します。

デスクトップ版のLightroomでは以前から使用できましたが、モバイル版でも今回のアップデートで遂に使用できるようになりました。

uprightは、

  • ガイド付き
  • 自動
  • レベル
  • 垂直
  • フル

が使用できます。

また、スライダーを動かすことで手動で、

  • ゆがみ
  • 垂直方向
  • 水平方向
  • 回転
  • 縦横比
  • 拡大・縮小
  • Xオフセット
  • Yオフセット

を調整することもできます。

粒子

写真に粒子を追加することができる機能です。

フィルム風写真やビンテージ風写真に仕上げるときに使います。

粒子の量・粒子のサイズ・粒子の粗さをパラメーターで調整することができます。

左利き用編集モード

一般の項目に左利き用編集という項目が新たに追加されています。

この項目のトグルをオンにすると、

このように通常右側にあった編集項目が左側に移動しています。

自分は右利きのため便利さはあまりわかりませんでしたが、左利きの人には恐らく嬉しい機能なのでしょうね。

最後に

今回のLightroom CC モバイル版のアップデートは使える機能が満載ですね。

自分は現在、デスクトップ版のLightroom Classic CCをメインで使用していますが、モバイル版のLightroom CCがメインに置き換わる日もそう遠くないのかもしれませんね。

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション , ,