E-M5 Mark Ⅲは防塵防滴だが、外装はチープになっている? - E-M-Wonderful

E-M5 Mark Ⅲは防塵防滴だが、外装はチープになっている?

      2019/09/29

43rumorsによると

ある情報源によると、オリンパスのE-M5 Mark Ⅲは以下のような設計になっています。

  • 軽量
  • プラスティッキー(重量を節約するため)
  • 防塵防滴性能

多くのプラスティックを使用することで、価格が下がることを期待しましょう。

これまで判明しているE-M5 Mark Ⅲの噂まとめ

  • 夏の終わりに発表される(99%確実)
  • E-M1 Mark Ⅱと同じ121点のオールクロス像面位相差センサーを搭載(60%確実)
  • 新しい画像処理エンジン(90%確実)
  • より軽く、よりプラスティッキーだが、それでも防塵防滴性能を持っている(60%確実)

と書かれています。




E-M5 Mark Ⅲの新たな噂

2019年8月にオリンパスが発表が噂されているE-M5 Mark Ⅲの新たな情報です。

E-M5 Mark Ⅱ同様防塵防滴構造だが、ボディの素材がより多くのプラスティックを使用し、軽量化されているという内容です。

この内容を聞いて、ボディが軽量化されると喜ぶ人もいれば、ボディの質感が安っぽくなるとショックを受ける人もいるでしょうね。

オリンパスのOM-Dカメラは現在E-M1X、E-M1、E-M5、E-M10の計4種類の系統で構成されています。

それらの系統をうまく住み分けさせるためにE-M5系統のグレードを少し下げる必要があり、このようなことになったのかもしれませんね。

ただ、プラスティックといっても上質なものもあり、また要所にはマグネシウム合金を使えば、十分な堅牢性を得られるので、そこまでがっかりする必要はないと思います。

その分、価格が安くなることを期待しましょう。(E-M10 Mark Ⅲよりも安くなることは絶対にありませんが。)

これまでのE-M5 Mark Ⅲの噂

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース ,