G9 PROに関するいくつかのパナソニックの内部情報 - E-M-Wonderful

G9 PROに関するいくつかのパナソニックの内部情報

   

Pocket

43rumorsによると

  • G9はGH5とは異なる新たなボディを有していますが、G9とGH5は同じハードウェアを共有しています。
  • 最初の計画ではG9は16MPの画素数のカメラになる予定でした
  • 最初の計画では、写真撮影にG9に焦点を当てたカメラでビデオと写真の両方でGH5に焦点を当てたカメラとして、G9とGH5の両方のカメラを同時にリリースする予定でした。
  • ファインダー倍率の高いEVFは可用性の問題から、先にファインダー倍率低いEVFでGH5をリリースすることに決めました。彼らは、高倍率なファインダーは動画撮影よりも写真撮影でより重要であると考えた結果です。
  • G9の主な競合相手はSonyであり、Olympusではありません。 彼らは写真部門のシェアを大幅に拡大したいと思っている。
  • 4K / 6Kフォトモードは多くの写真家からはあまりよく思われていませんでした。 その理由からプリ連写モードを搭載しました。

(この情報の信頼度は5段階評価で4となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




G9 PROのライバルはOLYMPUS OM-D E-M1markⅡではなくSONYのカメラ?

G9 PROのスペックは明らかにOLYMPUS OM-D E-M1markⅡを意識していると思っていたのでこの内容には驚きですね。

ちなみにG9 PROとE-M1markⅡは動体追従連写数や強力な手ぶれ補正の存在、タイムラグのない高解像度のEVF、センサーをシフトさせながら撮影した8枚の画像を合成するハイレゾモード、プリ連写モードなどの共通点があります。

こちらの記事ではG9 PROとE-M1markⅡのスペックを比較しています。

G9 PROとE-M1markⅡのスペックを比較してみました
こんにちは、E-M-Wです。2017年11月17日、パナソニックからミラーレス一眼カメラのG9 PROが発表されました。  今回は、G9 PROとOLYMPUSのフラグシップ機であ...

 

今回の記事ではG9の主な競合相手はSONYと書かれているので、もしかすると同じ高速性能に優れたα9をライバル視しているのかもしれませんね。

Pocket

  おすすめ記事

 - m4/3ニュース, カメラ