ロビン・ウォン氏によるOlympus Workspaceのレビューが掲載されています - E-M-Wonderful

ロビン・ウォン氏によるOlympus Workspaceのレビューが掲載されています

   

ロビン・ウォン氏のブログにOlympus Workspaceのレビューが掲載されています。

ロビン・ウォン氏はオリンパスマレーシアのアンバサダーのため、公式リリース前にOlympus Workspaceをテストすることができたとのことです。

ちなみにOlympus WorkspaceとはOlympus Viewer3に変わるオリンパスの新たな写真編集ソフトウェアです。

スポンサーリンク




Olympus Workspaceのレビュー内容を抜粋

  • Olympus WorkspaceはOlympus Viewer3と似ていますが、全体的なレイアウトが改良されており、様々なカスタマイズが可能
  • 全ての設定・調整は複数の異なるタブに分類されている。これはCapture One Proのソフトウェアと非常によく似ている
  • 画像の表示とナビゲーションの領域は、Capture One Proソフトウェアと同様に、いくつかの異なるレイアウトオプションがあり、変更できる
  • Olympus Viewer 3と比較すると、画像のプレビューや等倍に拡大表示する際の画像の表示速度が大幅に速くなっている。 まだ少しのラグはあるが、許容範囲です。
  • 画像編集時に編集ツールのスライダーを調整した際、プレビュー表示するまでの速度が劇的に速く滑らかになりました。 Capture One ProやLightroomにはまだ及ばないが、約0.5秒ほどでプレビューされます。
  • JPEGエクスポート時の設定に1 / 2.7圧縮の「スーパーファイン」JPEGエクスポート設定があります。
  • エクスポートにかかる時間はかなり遅く、Olympus Viewer3から改善されているようには感じなかった。 ただ、Olympus Viewer3はエクスポートの処理が終了するまで待つ必要があったが、Olympus Workspaceはエクスポート中も普通に動作します。
  • 新機能として明瞭度とかすみの除去が追加されました。
  • E-M1Xのwi-fiテザリング機能を使用するには、Olympus WorkspaceとOlympus Captureを同時に使用する必要がある。
  • 新しい色編集機能があり、個別のカラーチャンネルを編集したり、彩度、輝度、色相を個別に調整することができるが、この機能は PEN-F以降に発売された機種でしか使用できない。 この機能は PEN-Fのカラープロファイル機能によく似ています。

最後に

Olympus Viewer3と比べるとOlympus Workspaceははるかに使いやすいソフトウェアに生まれ変わったようですね。

Lightroomなどの高機能な写真編集ソフトと比べるとまだまだ劣るようですが、こちらのソフトは無料で使用できるので、写真編集初心者はまずこちらを使うのは良いと思います。

正式はリリース日は未定ですが、近日中にリリースされるということです。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース