オリンパスがE-M1ファームウェアVer4.3をリリース - E-M-Wonderful

オリンパスがE-M1ファームウェアVer4.3をリリース

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

先日、E-M1のファームウェアアップデートVer4.2の不具合について書きましたが、2016年12月19日に修正バージョンの4.3がリリースされました。

 

 

スポンサーリンク




ファームウェアアップデートの内容

E-M1 Ver4.3の内容

  • Ver4.2で発生した不具合(HDR撮影・深度合成機能・手持ち夜景撮影・デジタルシフト撮影を行った際、撮影確認の設定をOFFにしていると誤動作が起きるを不具合)を修正

ファームウェアアップデートの方法

OLYMPUS Digital Camera Updaterというソフトウェアを使用、もしくはオリンパス サービス ステーションにカメラボディを持って行ってファームウェアアップデートを行ってもらいましょう。

OLYMPUS Digital Camera Updaterでのファームウェアアップデートの詳しい方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

OLYMPUSデジタルカメラアップデーターの使い方~E-M1をバージョンアップ~
こんにちは、E-M-Wです。OLYMPUSのデジタルカメラ、ミラーレス一眼カメラをお使いの皆さんファームウェアアップデートはしっかり行っていますか?もしかすると、ファー...

 

最後に

E-M1markⅡ発売間近ですが、E-M1の方も手を抜かずキッチリ修正版をリリースしてくれたOLYMPUSには感謝ですね。

今回のファームウェアアップデートで深度合成撮影可能なレンズが、

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

の合計7本になりました。

次は、

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

の2本のレンズがファームウェアアップデートで深度合成撮影に対応されることを期待して待ちましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース