2018年8月5日でマイクロフォーサーズ規格が10周年を迎えました - E-M-Wonderful

2018年8月5日でマイクロフォーサーズ規格が10周年を迎えました

      2018/10/07

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

2018年8月5日は何の日だったかご存知ですか?

このブログを読んでいる方であれば、ご存知の方も多いかもしれません。

実は、オリンパス・パナソニックのミラーレス一眼カメラの規格であるマイクロフォーサーズ規格が誕生したのは2008年8月5日で今年で丸10年を迎えました。

スポンサーリンク




10周年のマイクロフォーサーズ

ちなみにマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラで記念すべき第1号になったのはパナソニックのLUMIX DMC-G1だそうです。

もちろん自分はその頃カメラには一切興味がなかったので、マイクロフォーサーズ規格と出会うのはまだまだ先になります。

そして、その翌年の2009年7月にオリンパスのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラのPEN E-P1が発売されたそうです。

その後もパナソニック・オリンパスからマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラが次々にリリースされていましたが、自分が初めて手に入れたのは2011年9月に発売されたOLYMPUSのPEN E-PL3です。

ただし、購入したのは発売から2年以上経った2013年になります。

購入時はマイクロフォーサーズやAPS-C・フルサイズなどそんなことはよくわからず、ただAmazonで格安で売られていたという理由だけで購入しました。

その後、カメラの魅力に取り憑かれOLYMPUS OM-D E-M1を購入し、現在はE-M1markⅡを愛用しています。

この10年でマイクロフォーサーズは大きく進化しましたが、2013年には残念なこともありました、それはマイクロフォーサーズの原点でもあるデジタル一眼レフの規格であるフォーサーズの終了です。

OLYMPUS OM-D E-M1の発表とともにフォーサーズシステムとマイクロフォーサーズシステムの統合も発表されましたが、実質フォーサーズシステムの終了宣言でした。

自分はマイクロフォーサーズからカメラを始めた新参者のため、フォーサーズのボディもレンズも所有していませんが、フォーサーズのレンズやボディを多く所有していたユーザーにとってはとても悲しいことだったと思います。

2003年にフォーサーズシステムのデジタル一眼レフ第一号のオリンパスのE-1が発売され、10年余りで終了してしまいましたが、マイクロフォーサーズシステムはこれからも10年,20年と末長く続けて欲しいですね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース ,