E-M1XはGPS・温度計・気圧計が内蔵されている? - E-M-Wonderful

E-M1XはGPS・温度計・気圧計が内蔵されている?

   

43rumorsによると

私はこの情報を得ました

  • E-M1XはGPS・温度計・気圧計が内蔵されています

よくわかりませんが、E-M1XはGPS・温度計・気圧計が内蔵された初めてのカメラになると思います。

これらの機能がどれだけの写真家が必要とする機能であるかどうか私にはわかりません。

噂されているE-M1Xのスペック

  • 名前:E-M1X OMD camera
  • センサー:20MP
  • フレームレート:18fps
  • E-M1markⅡの2倍の処理能力
  • 7.5+EV(7.5段分の手ぶれ補正効果) 
  • 2つのTruePic VIII プロセッサを搭載:
  • オートフォーカス:適応とフォーカスポイントの拡張。 例1.あなたが人を撮影していて、車の撮影に移行すると、フォーカスポイントの数が自動的に増えます。 例2.あなたがバスケットボール選手を撮影している場合、5点のフォーカスポイントが垂直になります。
  • ボディサイズ:縦グリップ一体型で本体サイズは幅 144.37 mm x 高さ 146.765 mm x奥行75.345 mm
  • 手持ハイレゾショットはシャッタースピード1/60秒までで超高解像度(80MP前後)の画像を撮影することができます
  • スポーツや野生動物の写真家をターゲットにしている
  • E-M1markⅡと同じバッテリー
  • ライブNDフィルターを搭載
  • GPS・温度計・気圧計が内蔵
  • 大きなEVF
  • 価格:3000ドル前後
  • 2019年1月に発表されます、同時に2本の望遠ズームレンズ、1本の広角ズームレンズ、スピードライト、zuiko binoculars
  • 発売日は2月

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




GPS・温度計・気圧計の必要性

2019年1月24日に発表、2月に発売が予定されているオリンパスの新しいハイエンドミラーレス一眼カメラのE-M1Xのこれまでに明かされなかった新たな機能が判明しました。

それがGPS・温度計・気圧計機能の内蔵です。

GPS機能は撮影した場所を記録することができるので重宝すると思います。

ちなみに現在のオリンパスのミラーレス一眼カメラで撮影した写真の位置情報を記録するにはスマートフォンの専用アプリのOLYPUS Image Trackを使用する必要があります。

OLYPUS Image Trackについてはこちらの記事で解説しています

 

 

温度計・気圧計については今回の噂に書かれているのと同意見で自分もあまり必要性は感じません。

また、これらの機能のせいでバッテリーの消費量が増えてしまって、肝心の撮影枚数が減ってしまうなんてことがないか少し心配ですね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース