オリンパスのE-M1Xの手持ちハイレゾショットモードは1/20秒まで可能? - E-M-Wonderful

オリンパスのE-M1Xの手持ちハイレゾショットモードは1/20秒まで可能?

   

43rumorsによると

私が聞いた話によると、E-M1Xの手持ちハイレゾショットモードは1/20まで動作するとのことです。

噂されているE-M1Xのスペック

  • 名前:E-M1X OMD camera
  • センサー:20MP
  • フレームレート:18fps
  • E-M1markⅡの2倍の処理能力
  • 7.5+EV(7.5段分の手ぶれ補正効果) 
  • 2つのTruePic VIII プロセッサを搭載:
  • オートフォーカス:適応とフォーカスポイントの拡張。 例1.あなたが人を撮影していて、車の撮影に移行すると、フォーカスポイントの数が自動的に増えます。 例2.あなたがバスケットボール選手を撮影している場合、5点のフォーカスポイントが垂直になります。
  • ボディサイズ:縦グリップ一体型で本体サイズは幅 144.37 mm x 高さ 146.765 mm x奥行75.345 mm
  • 手持ハイレゾショットはシャッタースピード1/60秒までで超高解像度(80MP前後)の画像を撮影することができます
  • スポーツや野生動物の写真家をターゲットにしている
  • E-M1markⅡと同じバッテリー
  • ライブNDフィルターを搭載
  • GPS・温度計・気圧計が内蔵
  • 大きなEVF
  • 価格:3000ドル前後
  • 2019年1月に発表されます、同時に2本の望遠ズームレンズ、1本の広角ズームレンズ、スピードライト、zuiko binoculars
  • 発売日は2月

 

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。




手持ちハイレゾショットモードのついての新情報

1月24日に発表、2月に発売が予定されているオリンパスの新しいハイエンドミラーレス一眼カメラのE-M1Xに搭載される手持ちハイレゾショットについて新たな噂が出ています。

こちらの記事でハイレゾショットについて詳しく解説しているので興味がある方はご覧ください

 

 

これまでの噂では、E-M1Xは三脚で固定していなくても手持ちでハイレゾショットが可能で、さらにシャッタースピードは1/60秒まで可能と書かれていましたが、今回の噂では1/20秒まで可能となっています。

1/20秒だと川や滝が流れているように表現できるギリギリのシャッタースピードですね。

ここまで低速でも手持ちハイレゾショットが使用できるとなると、想像以上にハイレゾショットでの撮影頻度が増えそうですね。

ただいくらスローシャッターで撮影できたとしてもハイレゾショットで動く人などの被写体を撮影すると、残像のような写りをしてしまう問題があります。

その問題が解決されていれば、もっとハイレゾショットを活用できるシーンが増えるので、その辺も改善されていることを期待しましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース