PanasonicがLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0を発表 - E-M-Wonderful

PanasonicがLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0を発表

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

Panasonicが新しい標準ズームレンズ、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0を発表しました。(海外での発表のみ)

5277495184

Panasonic offers 12-60mm, first of Leica DG F2.8-4 series

9月のフォトキナ2016でPanasonic Laicaの 広角・標準・望遠ズームレンズ3本が開発発表され話題になりました。

そして、今回GH5発表と同時にこの標準ズームレンズだけが正式に発表されました。

ちなみに今回正式発表されなかった2本のPanasonic Laicaズームレンズシリーズのスペックは、8-18mm F2.8-4.0・50-200mm F2.8-4.0となっています。

スポンサーリンク




LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0の簡単な解説

  • 35mm換算24-120mmの標準ズームレンズでインナーフォーカス
  • 防塵防滴・-10度の耐低温性能
  • レンズ内手振れ補正を搭載
  • ボディ内5軸手振れ補正を搭載したパナソニックのミラーレス一眼カメラとこのレンズを組み合わせることで、手振れ補正をさらに強力にするDual I.S.もしくはDual I.S.2が使用可能になる
  • 240fpsの高速なコントラストAFに対応
  • 最短撮影距離0.2m・最大撮影倍率0.3倍
  • 最大径68mm・長さ86mm
  • フィルター径は62mm
  • 重量320g
  • 価格は999ドルで3月発売

OLYMPUSの12-40mm F2.8 PROと簡単な比較

このレンズと比較対象となるマイクロフォーサーズレンズといえば、OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROだと思います。

100000001001865064_10204

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0と比較すると、

  • 12-40mm F2.8の方がF値が明るいが焦点距離は負けている
  • 最短撮影距離・最大撮影倍率は互角。
  • 12-40mm F2.8の方がレンズの長さは短いが、最大径は大きい。
  • 重量が12-40mm F2.8の方が62g重い。
  • 12-40mm F2.8にはレンズ内手振れ補正がない。
  • 両レンズ共に防塵防滴・-10度の耐低温性能。
  • 両レンズ共にフィルター径は62mm。

となっています。

最後に

今までマイクロフォーサーズのズームレンズのラインナップにはF2.8-4.0が存在しなかったため、新たな選択肢が増えるのは良いことですね。

あとは、このレンズが一体どんな描写をするのか期待です。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース