結婚式を挙げない、そんな人にはフォトウェディングがオススメです - E-M-Wonderful

結婚式を挙げない、そんな人にはフォトウェディングがオススメです

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

先日身内が結婚し、結婚式の代わりにフォトウェディングを行いました。 フォトウェディングと聞いてもピンとこない方もいると思います、そんな方のためにフォトウェディングの説明と実際に体験したことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




フォトウェディングとは

MIYAKO85_yuyakehutari20140725

フォトウェディングとは、簡単に説明すると結婚式を行わず新婦はウェディングドレス(洋装だけでなく和装もあり)を着て、新郎はタキシードを着て結婚式さながらの写真を撮ることです。

最近は結婚式を挙げずにこのフォトウェディングで済ますケースが増えているそうです。 結婚式を挙げようとすると平均300万円以上の金額がかかってしまいますがこのフォトウェディングはこの1/10以下の金額でできます。 なので、「結婚式はお金が掛かるので挙げないが写真だけは記念に残したい」と言う人にオススメです。

またフォトウェディングは写真を撮ることに重点を置いているため、結婚式当日に撮影した写真よりもクオリティが高い写真を残すことができる点も良いところです。

ちなみにフォトウェディングの写真撮影を家族が見学することも可能です、また見学中に家族がデジカメで撮影することもできます。

フォトウェディングの予算

某フォトウェディング業者の料金プランを例に説明します。 ここは洋装29000円から、和装39000円からとなっています。 その料金に更にオプションが付いて料金がアップしていきます。

ちなみに基本料金+オプション料金で、今回行ったフォトウェディングの費用は30万円ほどだったそうです。

衣装のグレードアップ

例えば、基本プラン内のウェディングドレスのデザインが気に入らない場合、追加料金を支払い、他のデザインのドレスにグレードアップすることができます。 ちなみに基本プラン内のウエディングドレスはセパレートタイプと言って、上下別々になっている物なので、ワンピースタイプにグレードアップする方が多いようです。

もちろん、新郎も基本プランのタキシードのデザインが気に入らない場合は、グレードアップすることもできます。

小物のレンタル

そして、衣装に合わせる小物類のレンタルも追加料金が必要となります。 具体的にはネックレスやイヤリングなどアクセサリー類、ヴェールやグローブやブーケなどです。 ただし、それらは持ち込みも可能なので、持っている方は私物を使用した方が料金がかからずお得になります。

ヘアメイク

新婦のヘアメイクはプラン料金に含まれていましたが、新郎は別料金になっています。 ただ綺麗な写真を残したいなら男性もヘアメイクを行った方が良いです。

画像データ購入

あとは衣装以外のオプションとしては、撮影した画像データを購入、撮影した写真でアルバムを作成してくれるサービスなどがあります。

ロケーションフォト

ロケーションフォトとは、通常のスタジオ撮影と違い屋外での写真撮影を行います、二人の思い出の場所なんかでも撮影することができオススメです。

ただし、通常もスタジオ撮影よりも料金はぐんと上がります。

フォトウェディングの流れ

今回参加したフォトウェディング当日のスケジュールを書きたいと思います。新婦の衣装が2着だったため結構な時間がかかりました。

1着目の撮影

新郎新婦は衣装やヘアメイク10:30から行い、12:20頃に新郎新婦だけでしっかりとした記念写真の撮影を行ったそうです。

そして、新郎新婦だけの写真の撮影が終わった12:30頃から自分達家族も撮影を見学をすることができました。 その撮影風景はプロカメラマンとスタイリストがいて、グラビア撮影さながらの雰囲気でした。 あまり関係ない話ですが、プロカメラマンが使用されていたカメラはCanonのEOS 5D Mark III でした。

フォトウエディングの撮影中に予想外のことがありました、それは新郎新婦と一緒に家族も撮影されるのです。 なので、見学する家族も写真を撮られることを想定して、少し正装をして行った方が良いと思います。

2着目の撮影

13:30頃に1着目も撮影が終了し、新婦は2着目の衣装にチェンジする準備に入りました。 そして家族はまた待合室で待ちます。

14:00頃からもう1着の衣装で新郎新婦だけでしっかりとした記念写真の撮影を行い、14:10頃からは家族も撮影の見学をできるようになりました。

2回の撮影なので、新郎新婦も撮影の流れがよくわかっていたようで一回目よりスムーズに進んでいました。

15:00頃に撮影は終了し、ようやく自分達家族は帰ることができます。 ちなみに新郎新婦は撮影終了後、写真のチェックをして帰ったそうです。

まとめ

自分は結婚式には参加したことはありますが、フォトウェディングに参加するのは初めてでしたので色々と参考になりました。

これからフォトウェディングを行う予定の方やフォトウェディングに関心のある方はこの記事を是非参考にしてください。

Pocket

  おすすめ記事

 - ライフ