大容量でスリムなモバイルバッテリー、Anker PowerCore II Slim 10000購入レビュー - E-M-Wonderful

大容量でスリムなモバイルバッテリー、Anker PowerCore II Slim 10000購入レビュー

      2018/08/28

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

これまで使っていたモバイルバッテリーが劣化してきたので今回新たに「Anker PowerCore II Slim 10000」を購入しました。

スポンサーリンク




Anker PowerCore II Slim 10000を開封

Anker PowerCore II Slim 10000のパッケージです。

他のAnkerの商品と同様の白と青を基調としたデザインです。

パッケージを開封して付属品を確認していきます。

Anker PowerCore II Slim 10000本体・Micro USBケーブル・マニュアル・専用のポーチが付属されています。

ちなみに iPhoneやiPadなどiOS機器を充電する場合は付属のマイクロUSBケーブルでは充電できないので、ライトニングケーブルが必要となります。

Anker PowerCore II Slim 10000本体の表側です。

長方形で縦13.7cm×横6.6cmと少し大きく感じるかもしれませんが、商品名にslimとあるように高さが1.55cmと薄いのが特徴です。

バッテリー容量は10000mAhでメーカーの公称のよると iPhone7を3回以上、GalaxyS8を約2回フル充電にすることが可能なようです。

iPhone 7を重ねて比べてみればその薄さが良くわかりますね。

この薄さのおかげでカバンやズボンのポケットに入れてもかさばりません。

ただし、210gとそれなりの重さなのでスマートフォンと一緒にズボンのポケットに入れるとずっしりと重みを感じます。

Anker PowerCore II Slim 10000の本体の裏面です。

写真ではわかりにくいですが、裏面はシリコン素材で保護されています。

このシリコン素材のグリップ力のおかげでテーブルに置いても滑りにくく落下防止になる点は良いのですが、このシリコン部分は埃やゴミが付着しやすく、さらに黒色ということもありそれらが目立ってしまう点が残念です。

入力がMicro USB端子1ポート出力がUSB-A端子1ポートとなっています。

本体横にあるボタンを押すと電池の残量が青い光で四段階で表示されます。

Anker PowerCore II Slim 10000でiPhone7の充電時間をチェック

PowerCore II Slim 10000はAnkerの独自の充電技術であるPowerIQ 2.0に対応していて、Apple製品やAndroid端末やQuick Charge対応機器の対しても急速充電が可能です。

実際にどれぐらいの充電時間がかかるのかテストして見ましょう。

ちなみに今回の充電にはモバイルバッテリーと同時に購入したAnker PowerLine II ライトニングUSBケーブルを使用しました。

このライトニングケーブルはiOS機器に付属されている純正品よりも強度があり、断線しにくいのでオススメです。

iPhone7の充電にかかる時間

今回はiPhone7のバッテリー残量0%から100%になるまでかかった時間を計測して見ました。

結果は約2時間で満充電という結果です。

ちなみに今回使用したiPhone7は2016年9月から約1年8ヶ月使用しているので、バッテリーも劣化しており必ずしも全てのiPhone7が同じような結果になるわけではないのでご了承ください。

まとめ

モバイルバッテリーを製造販売しているメーカーは星の数ほどあり、初めて買う場合はどれを選んでいいか迷ったりすると思いますが、自分はAnkerのモバイルバッテリーをお勧めします。

性能も良く品質も良くメーカー保証も18ヶ月あるので、誰もが満足できると思います。

 

2018/8/28追記
新たにAnker PowerCore Lite 10000というモバイルバッテリーが発売されました。

こちらはAnker PowerCore II Slim 10000と容量は同じですが、Micro USB入力ポートに加え、USB-Cの入力ポート(出力は不可能)が追加されています。

 

Pocket

  おすすめ記事

 - iPhone, PC・スマートフォン