パナソニックのGシリーズのエントリーモデルは今後リリースされない? - E-M-Wonderful

パナソニックのGシリーズのエントリーモデルは今後リリースされない?

   

Pocket

43rumorsによると

情報源が私だけにこのように語りました、

G9について。もともとはGH PROと名付けられる予定でした。 

ベーシックなGシリーズは今後リリースされないか、または悲しいことにGMシリーズのようにリリースされないはずだったと想定されます。

(この情報の信頼度は5段階評価で4となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




パナソニックGシリーズの今後

パナソニックのGシリーズの初代であるG1はマイクロフォーサーズシステムを採用した最初のカメラです。

2008年10月に発売され、パナソニックのミラーレス一眼カメラのラインナップではスタンダードモデルとして位置づけされていました。

しかし、2018年1月に発売された最新機種のG9(日本国内のみG9 PROという名前で呼ばれている)は、これまでのGシリーズとは一線を画すハイエンドモデルとして生まれ変わったのです。

G9 PROは高性能で確かに魅力的な機種ではありますが、その分価格はボディのみで15万円以上と高価でライトユーザーにはなかなか手が届かないと思います。

パナソニックのミラーレス一眼カメラのラインナップには他にGHシリーズ・GXシリーズ・GFシリーズがありますが、GHシリーズはさらに高価なカメラなので、ライトユーザーの選択肢はGXシリーズ・GFシリーズとなってしまいます。

ちなみにGXシリーズはレンジファインダースタイルでGFシリーズはファインダー自体搭載されてません。

もし、Gシリーズからスタンダードモデルが廃止されるとパナソニックのラインナップに安価なDSLRスタイル(デジタル一眼レフのようにファインダーがボディ上部の真ん中にあるタイプ)のミラーレス機がなくなることになります。

そうなると、安価なDSLRスタイルのミラーレス機を求めるユーザーは他社へ移ってしまう可能性があるので、Gシリーズのスタンダードモデルもこれまで通り必要ではないかなと思います。

ちなみに現在も販売されているスタンダードモデルのG8は2016年10月21日に発売されたので約1年7ヶ月経っています。

G9の名前はすでに使われているのでもし新機種が出るとしたらG8markⅡという名前になるのかもしれませんね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース