パナソニック S1・S1Rは3月下旬に発売される? - E-M-Wonderful

パナソニック S1・S1Rは3月下旬に発売される?

   

l-rumorsによると

パナソニックは、ラスベガスで開催されたCESでS1・S1Rについてのいくつかの詳細を公開しました

  1. このカメラはハイレゾモードを搭載しています。 この機能は8枚の写真を撮影して、さまざまな照明条件でより良い解像度のためにそれらを合成します。
  2. このカメラはHLG(ハイブリッド ログガンマ)を静止画として撮影できます。
  3. 3月下旬に発売を開始します

公式プレスの内容

パナソニックは CES 2019 で新しいフルサイズミラーレス一眼カメラの機能を追加発表します。

ラスベガス、NV (1 月7日、2019)-フォトキナ2018での発表に続いて、パナソニックは CES 2019 でフルサイズミラーレス一眼カメラのLUMIX Sシリーズの追加の主要機能を発表します。フルサイズミラーレス一眼カメラのLUMIX Sシリーズのカメラとレンズは、2019年3月の下旬には利用できるようになります。

全く新しいスタイルの写真表現

高ダイナミックレンジスチル写真– HLG フォトモード

HLGフォトは、より広いダイナミックレンジで画像を撮影することができます。Lumix S は、露出オーバーや露出不足になる可能性のあるまぶしい光とダークシャドウの両方を再現することで、記憶色にできるだけ近い豊かで正確な色表現を実現します。

HLGフォトはHSPファイルとして作成されます。ユーザーは、HDMI ケーブル接続または他のHLGに準拠したデバイスを介して最新のパナソニック HLG 準拠4KTV でこれらの鮮やかな画像を再生することができます。写真のプレゼンテーションにも最適です。

リアルな感覚で素晴らしいディテール

ハイレゾモード

ボディ内手ぶれ補正を生かしています。センサーを移動させながら連続して8枚の画像を自動的に撮影します。これらの8枚の画像は、高速信号処理を誇る新しいヴィーナスエンジンによって1つの画像に合成されます。

細部まで忠実に再現され、美しく、非常にリアルなイメージとして保存。このモードは、繊細なディテールで自然の風景や美術品を撮影するのに最適です。

動いている被写体がシーンに含まれる状況を考慮して、モーションブラーを抑制するためのサブオプションが利用可能であるため、カメラマンは通常の写真撮影モードでの撮影と同じようにこのモードを使用できます。




価格や詳細なスペックは未だ不明

今回のプレスイベントでは、フルサイズミラーレス一眼カメラのS1・S1RのHLGフォトモードとハイレゾモードと発売日についての発表がありました。

価格や具体的なスペックについての情報が発表されるのではと期待していたので、少し肩透かし食らった気分です。

当然、S1・S1R以外に期待していたマイクロフォーサーズレンズの10-25mm F1.7についての情報も一切ありませんでした。

今回紹介されたHLGフォトモードはHLGに対応したパナソニックの4Kテレビでしか再生できないため、一般のユーザーにはあまり恩恵がない機能のようですね。

ハイレゾモードは、オリンパスのE-M1 Mark ⅡやパナソニックのG9 PROなどにも搭載されているので、皆さんよくご存知だと思います。

S1Rは画素数が4700万画素の高解像度モデルで、このカメラでハイレゾモードを使用すると1億万画素以上の写真を作成できるので一体どんな超高精細な写真になるのか楽しみですね。

次のパナソニックのイベントでS1・S1Rの詳細なスペックが公開されることを期待しています。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース