Luminar 写真編集ソフト

Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

更新日:

こんにちは、E-M-Wです。

2020年10月、Adobe Photoshop デスクトップ版がアップデートされ、新機能が搭載されました。

その名も空の置き換え(スカイリプレースメント)で、風景写真等の空を別の空の画像に置き換える機能です。

あれっ?ちょっと待ってください、 この機能について、以前にもこのブログでしたような気が・・・

思い出しました、Skylumの写真編集ソフトLuminar 4が発売された時に新しく追加された機能として、AI スカイリプレースメントについて解説しましたね。(白々しくて済みません)

Luminar 4がAI スカイリプレースメントをひっさげて堂々登場し11ヶ月後、まさかの展開、 Photoshopも同様の機能を実装してきました。

今回はそんなルミナーとフォトショップのスカイリプレースメント機能について比較したいと思います。

なお今回使用するのはLuminar 4 バージョン 4.3とPhotoshop バージョン22.0.0となります。

(超重要)2020/11/2追記

Skylumのご厚意により、2020年末発売予定のLuminar AI β版をお借りすることができました。

Luminar AIをすでに先行予約された方も迷っている方も是非こちらの記事を参考にしてみてください。

 

Luminar AI先行予約についてはこちらの記事で解説しています。

 

Luminar AIの先行予約はこちらから

スカイリプレースメントの基本的な使い方を比較

では、まずは両者のスカイリプレースメント機能の基本的は使い方を簡単に解説します。

Luminar 4の場合

c17bd1f215ff7557f4fb8c1ec0d83d45 1024x563 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

まず編集画面でクリエイティブのカテゴリーを選択し、 AI スカイリプレースメントを選択します。

46fb55bf485b2852971b930f0c572f2a 1024x564 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

次に空のセレクションをクリックし、プリセットされている空の中から置き換えたい空の画像を選択します。

ちなみに空の画像はプリセットされているもの以外にも自分で用意した画像やSkylumの公式サイトにあるLuminar Marketplaceで販売されている空の画像を追加することができます。

bd5d4faf6c66fedfafd3dff5677b0d9f 1024x565 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

選択した空の画像に置き換わりました。

空が置き換わったら、様々なパラメーターを調整して合成感がなく自然な写真に仕上げていきます。

編集項目は以下の通りです。

  • 地平線のブレンド
  • 地平線の位置
  • リライトシーン
  • スカイグローバル
  • ギャップを閉じる
  • スカイローカル
  • スカイデフォーカス
  • スカイ反転
  • 靄がかかった大気
  • 空の温度
  • 空の露出

このようにたくさんの調整項目がありますが、全てスライダーを動かすだけなので誰でも簡単に仕上げることができるのが、Luminar 4のAI スカイリプレースメントの特徴です。

Luminar 4のAI スカイリプレースメントの使い方については以下の記事をご覧ください。

 

 

また、2020年末、Luminar 4に変わる新しい写真編集ソフトLuminar AIがリリースされますが、こちらのソフトではAI スカイリプレースメントが更に進化する予定です。

 

Luminar Aiサムネイル 150x150 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較
LuminarAI 最新情報まとめ(随時更新)
こんにちは、E-M-Wです。先日、新しいルミナー、Luminar AIが発表され、先行予約もスタートしましたね。(超重要)2020/11/2追記Skylumのご厚意により、2020年末発売予...

 

Photoshopの場合

32447991028fe99720626df0ced32fb1 1024x576 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

画面上のツールバーの編集の中にある、空の置き換えをクリックします。

aaf0a8a19988e5110928193eccb31ea8 1024x566 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

空の置き換えのウィンドウが開くので、空の項目から置き換えたい空の画像を選択します。

00e65b146b803cf159e098fbcd9cbb4f 1024x564 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

空が置き換わったら、調整して合成感がなく自然な写真に仕上げていきます。

Photoshopのスカイリプレースメントでできる調整項目は以下の通りです。

  • エッジをシフト:空の選択範囲を拡大縮小する。
  • エッジをフェード:空の境界線をボカす
  • 明度(空の調整):空の明るさを調整
  • 色温度(空の調整):空の色温度を調整
  • 拡大縮小(空の調整):空の画像を拡大縮小する
  • 反転:空を左右反転する
  • 照明モード(前景の調整):乗算とスクリーンから選択
  • 照明の調整(前景の調整):前景の明るさを調整
  • カラー調整(前景の調整):前景の色を調整
  • 出力先:新規レイヤー・レイヤーを複製から選択
8d22d0778d0b70abfd1f3a449afb0819 1024x566 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

調整が済んだら、OKをクリックし完成です。

一見するとPhotoshopの方がLuminar 4と比べると編集項目が少ないように見えますね。

a0840cf454a7b07d45e258f7cef23ba5 539x1024 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

もっと、詳細な編集を行いたい場合は空の置き換えのウィンドウにある出力の項目を新規レイヤーに変更し、OKをクリックしましょう。

98464e7e27be4167db565cce6f85f6e6 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

すると、レイヤーパネルに空を置き換えモードのグループというグループレイヤーを作成されます。

このレイヤーを個々に編集すれば、空のレイヤーにぼかしフィルターを適用し空をぼかしたり、空の画像の位置を動かす等の高度な編集が可能になります。

スカイリプレースメントで使用できる空の画像を比較

Luminar 4の場合

ac2d317fe7d10100db924b0a377e008f 415x1024 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

Luminar 4のAI スカイリプレースメントには、以下の計29種類の空の画像がプリセットされています。

  • Blue Sky 1〜6
  • Bright Sky 1〜3
  • Dramatic Sky 1〜4
  • Dramatic Sunset Sky 1〜7
  • Galaxy 1〜2
  • Sunset 1〜4
  • Sunset Clouds 1

また、カスタム空画像をロードを選択すれば、プリセット以外にも自分で撮影した空の画像やSkylumの公式サイトのLuminar Marketplaceで空の画像を購入し追加することも可能です。

 

 

Photoshopの場合

5fc96ca218232a548b61125d4cb1b11e 551x1024 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

Photoshopのスカイリプレースメントには、以下の計25種類の空の画像がプリセットされています。

  • 青空 9種類
  • 壮観 8種類
  • 夕暮れ 8種類

こちらもLuminar 4同様、自分で撮影した空の画像を追加することが可能です。

Skylum公式サイトで販売されている空の画像をphotoshopで使用する方法

Luminarのように公式サイトで空の画像を購入することはできませんが、なんとSkylumの公式サイトのLuminar Marketplaceで購入した空の画像もPhotoshopに追加することができます。

62688549e07504d18e92724bfe255211 672x1024 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

空の置き換えウィンドウを開き、置き換える空のウィンドウを開き、画面下の+マークをクリックします。

7748d4044b8d35d23df8c604477597db 1024x647 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

PCのフォルダからLuminar Marketplaceで購入した空の画像を選択し、開くをクリックします。

0a809e139a5f885b7ec08041c7d8b0fb 1024x566 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

Luminar VS Photoshop 空の置き換え対決

では、ここからLuminarとPhotoshopの空の置き換え機能でどちらの方が精度が高いか対決してみたいと思います。

なお、検証方法は、元になる写真も置き換える空の画像も全く同じものを使用し、置き換え後の編集を行わず自動での適用した状態で比較します。

(どちらかが有利になるように編集は一切おこなっていませんが、LuminarとPhotoshopでは置き換えられた空の位置の高さが異なり比較がわかりにくかったため、Luminarの方で空の位置をphotoshop側に合わせるように調整は行いました。)

20160731 P7310593 Edit 2 1024x682 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

今回使用する元となる写真はこちらになります。

Red Stratus 2 1024x480 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

そして、適用する空はLuminar Marketplaceで販売されている、スカイパック「 Red Sky Delight」のRed Stratus 2になります。

20160731 P7310593 Edit 4 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較20160731 P7310593 1 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

スライダーを右に動かすとLuminar 4で空を置き換えた画像に変化します。

手動でマスキングすると非常に難しい細かい木の枝の部分も空が綺麗に合成されています。

20160731 P7310593 Edit2 1024x682 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

また前景の部分にも空の色味が反映されており、手前から奥にかけてグラデーションで徐々に濃くなるように処理されており、立体感が出るように仕上げられています。

自動で行なったにも関わらずここまで高い精度で合成してくれるのは非常に素晴らしいですね。

あとは自分好みに仕上げるためにスライダーをチョチョイと動かすだけで編集終了です。

20160731 P7310593 Edit - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較20160731 P7310593 1 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

スライダーを右に動かすとPhotoshopで空を置き換えた画像に変化します。

こちらは残念ながら、木の枝の部分はマスキングが完璧でないため、綺麗の合成されませんでした。

20160731 P7310593 Edit1 1024x682 - Luminar VS Photoshop 空を置き換える機能、スカイリプレースメントを比較

こちらは自動で行なった結果ですので、ここから手動で修正を行えばさらに良くなりますが、Luminar 4の結果と比べると編集に少々時間と手間がかかりそうです。

Luminar 4とPhotoshopの値段比較

 使用できるアプリ価格(2020/10/24現在)購入リンク
Adobe フォトプラン クラウドストレージ20GB版Photoshop・LightroomLightroom Classic 月額980円、年額11760円Adobe公式サイト
Adobe フォトプラン クラウドストレージ1TB版Photoshop・LightroomLightroom Classic 月額1980円、年額23760円Adobe公式サイトAmazon
Luminar 4 BASICエディションLuminar 4買い切り 10560円、クーポンコード EMW10使用でさらに1000円割引Skylum公式サイト
Luminar 4 MAXエディションLuminar 4・Luminar AI(先行予約)・Aurora HDR買い切り 10560円、クーポンコード EMW10使用でさらに1000円割引Skylum公式サイト

上は2020/10/24現在のLuminarとPhotoshopの価格を比較した表です。

LuminarとPhotoshopは販売形式に大きな違いがあり、Luminarは買い切りのソフトに対し、Photoshopは月額制もしくは年額制のソフトになっています。

最後に

Luminar 4は空の置き換え機能が追加されてから何回もアップデート等が行われ、かなりの完成度になっていますが、Photoshopの方は追加されたばかりの機能なのでまだまだ改善の余地がありそうですね。

レタッチ上級者であれば、現状のPhotoshopの空の置き換え機能でもうまく修正し使いこなすことができますが、初心者には少々難しいと思われます。

なので、初心者の方であれば、Luminar 4のAI スカイリプレースメント機能を使って空を置き換えることをお勧めします。

 

 

Luminar関連記事まとめ


 

Pocket

広告




おすすめ記事



-Luminar, 写真編集ソフト
-,

Copyright© E-M-Wonderful , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.