CP+2019でのOLYMPUSのインタビューが掲載 - E-M-Wonderful

CP+2019でのOLYMPUSのインタビューが掲載

   

DPREVIEWがCP+2019でオリンパスにインタビューした内容が掲載されています。




インタビュー内容を抜粋

OM-D E-M1Xの発表直後に、横浜で開催されたCP +の展示会でオリンパスに話を聞きました。 イメージング事業本部長執行役員杉本茂美氏と、イメージング事業本部グローバルマーケティング部部長の寺田敏氏にお話を伺いました。

E-M1Xに対する反応は?

世界中でタッチアンドトライイベントを行ったが、顧客からは肯定的なフィードバックを多く受けています。予約注文も期待以上で、良いスタートを切った

 

E-M1Xのターゲット層は?

E-M1XE-M1 Mark Ⅱと共にプロフェッショナルラインです。

もちろんプロ写真家だけでなく、ハイアマチュアのユーザーもターゲットにしています。

フルサイズを使用しているプロカメラマンのサブカメラとしての需要はあると思いますか?

私たちは、マイクロフォーサーズがコンパクトで軽量であるという利点は、ほとんどすべての写真分野で評価できると考えています。

被写体認識AFに対応する被写体はどのように決めましたが?

はじめに選んだのはシングルAFでもグループターゲットAFでも被写体を追従するのが非常に難しい3つの被写体を選択しました。

他社は、機械学習の対象を人間を主にしています。オリンパスのシステムはすでに現状で十分だと思っていますか?

人物は多くの写真家にとってもっと重要な被写体です。

もちろん、すでに顔と瞳の検出機能はありますが、これらの検出を改善することは可能です。 なので、将来的にはカメラの性能を改善しなければならないと思います。

あなたのプロの顧客はどんな種類のレンズを求めていますか?

我々が作る高解像度のレンズはプロユーザーを満足させているので、今後も高解像度でコンパクトなレンズを作り続けるだろう。 

オリンパスは毎年数本のレンズを発売する予定です。

 もちろん2020年に予定されている150-400mm proレンズの前に別のレンズの発売があります。

カメラの動画機能に対する需要はどれぐらいありますか?

カメラの動画撮影機能の需要は高まっています。 

我々もその技術に追いつこうとしています。 

動画撮影家はコンパクトで軽量のボディで優れた手ぶれ補正性能の点で私たちの可能性を見ています。 

動画撮影家と動画を撮影する写真家のために独自の動画撮影機能を提供しようとおもっています。

軽量コンパクトなカメラを愛用するユーザーをどのように安心させてくれますか?

私たちはE-M5 Mark Ⅱの後継機を計画しており、それでユーザーを安心させることができます。

 我々はE-M5ラインは中級者のユーザーのために重要な製品カテゴリーであることを言及したいと思います。

最後に

2019年はE-M5 Mark Ⅱの後継機と新しいレンズに期待しましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース