OM-D E-M1markⅡはOLYMPUS設計、SONY製造のセンサーが使われる - E-M-Wonderful

OM-D E-M1markⅡはOLYMPUS設計、SONY製造のセンサーが使われる

      2018/08/31

Pocket

4/3RUMORSによると

何ヶ月も前にOLYMPUS OM-D E-M1markⅡのセンサーにはSONY製の20MPのセンサーとOLYMPUSが設計し、SONYが製造するセンサーの異なる2種類を検討しているという記事を投稿しました。
今、異なる2つの情報元からOLYMPUSが独自に設計、SONYが製造するセンサーをOM-D E-M1markⅡに採用することを選択したという情報を入手しました。

現在信頼できる情報元を経由して、その噂が正しいのか確認しています。

その他のE-M1markⅡの仕様

  • 改善された手振れ補正
  • 手持ちハイレゾショット
  • デュアルSDカードスロット
  • 改善されたオートフォーカス

と書かれています。

スポンサーリンク




これまでのOLYMPUSのマイクロフォーサーズ機に使われているセンサーの種類

Panasonicセンサー 1230万画素

  • E-P1
  • E-P2
  • E-PL1
  • E-PL2
  • E-PM1
  • E-PL3
  • E-P3

SONYセンサー 1605万画素

  • E-M5
  • E-PM2
  • E-PL5
  • E-PL6
  • E-P5
  • E-M10
  • E-PL7
  • E-M5markⅡ
  • E-M10markⅡ

Panasonicセンサー 1628万画素

  • E-M1

SONYセンサー 2030万画素

  • PEN-F

まとめ

OLYMPUSが独自に設計のSONYセンサーとは、やはり像面位相差センサーなのでしょうかね。

現行のE-M1も像面位相差AFでしたが、E-M1markⅡはさらにAF性能が向上して高感度性能も向上していると良いですね。

ただしこの情報の信憑性は低いので続報を待ちましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース