E-M1XはAIを用いたオートフォーカスを搭載している? - E-M-Wonderful

E-M1XはAIを用いたオートフォーカスを搭載している?

   

Pocket

43rumorsによると

人工知能は、今日ではかなり誤った定義です。誰もがマーケティング目的でこの言葉を使おうとします。

オリンパスのE-M1Xも「AIを用いたオートフォーカス」を搭載していると噂されていますが、これは純粋なマーケティングなのか、それとも本当に革新的な的なものなのかは実際に見てみないとわからない。

どのようなことができるか?:例えば、レーシングバイクのヘルメットだけを認識し、追尾することができます。

以前の別の情報ではこのように言われていました。

適応とフォーカスポイントの拡張。 例1.あなたが人を撮影していて、車の撮影に移行すると、フォーカスポイントの数が自動的に増えます。 例2.あなたがバスケットボール選手を撮影している場合、5点のフォーカスポイントが垂直になります。

オリンパスの説明通り、E-M1XもAIを用いたオートフォーカスが本当にうまく動作することを期待しましょう。

(この情報の信頼度は5段階評価で5となっています。)

と書かれています。

スポンサーリンク




AIを用いたオートフォーカスについて

2019年1月に発表、2月に発売が予定されているオリンパスのミラーレス一眼カメラのE-M1Xのオートフォーカスに関する情報です。

E-M1XにはAIを用いたオートフォーカス機能が搭載されているようです。

今回の噂に書かれているようにバイクレーサーのヘルメットだけを認識し、AFが追尾するといった芸当が本当に可能であれば良いのですが、現在のオリンパスのAI技術がどれほどのものなのかわからないのでまだ手放しで喜ばない方が良いかもしれません。

ちなみにE-M1Xと同様1月に正式発表が控えているパナソニックのフルサイズミラーレス一眼カメラのS1,S1Rも同じくオートフォーカスにAI技術が用いられているようです。

AIを搭載したオートフォーカスが本当に実用に耐えうるか、それとも実用に耐えないか、実際にその目で確かめてからE-M1Xの購入を検討した方が良さそうですね

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, カメラニュース