国産RAW現像ソフトの「SILKYPIX Developer Studio 6」が期間限定で無料公開 - E-M-Wonderful

国産RAW現像ソフトの「SILKYPIX Developer Studio 6」が期間限定で無料公開

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

株式会社市川ソフトラボラトリーが2018年7月1日に創立30年を迎えた記念として、高画質RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 6」(2016年3月販売終了)を期間限定で無料公開しています。

スポンサーリンク




「SILKYPIX Developer Studio 6」期間限定無料ダウンロードの方法

こちらのページから「SILKYPIX Developer Studio 6」をダウンロードすることができます。

このページにシリアル番号とプロダクト・キーが表示されていると思うので、メモしておきましょう。 この二つのコードはインストールしたソフトを起動した際に入力する必要があります。

ページの下の方にダウンロードするためのリンクがあります。

メールアドレスを入力し、プルダウンリストから自分の使用しているカメラを選択します。

(注意)ちなみにこのリストには記載されているカメラでも2016年3月以降にリリースされたカメラのRAWデータは対応していないようです。 自分はOLYMPUSのE-M1markⅡを選択しましたが、SILKYPIX Developer Studio 6ではE-M1markⅡのRAWデータを開くことができませんでした。

ソフトはWindows版とMac版の2種類があるので、自分の使用しているOSのバーションのダウンロードをクリックします。

ちなみに自分はMac版をダウンロードしました。

ダウンロードされたファイルを開きます。

インストーラーをクリックします。

続けるをクリックします。

ソフトウェア利用許諾契約の条件を読んで問題がなければ、同意するをクリックします。

PCにインストールする場所を選択し、インストールをクリックします。

インストールしたアプリを起動させます。

プロダクト・キー登録画面が表示されるので先ほどメモしておいたシリアル番号とプロダクトキーを入力します。

入力が終わったら、オンラインで登録をクリックします。

このスペシャルライセンスはオフラインで登録に対応していないそうなので、くれぐれもご注意ください。

プロダクト・キーの登録が完了したら、このような画面が表示されるのでOKをクリックします。

SILKYPIX Developer Studio 6のアプリが表示されたら、これで終わりです。

最後に

現在リリースされている最新版はSILKYPIX Developer Studio 8なので2つ前のバージョンになります。

しかし、旧バージョンとはいえ約17000円で販売されていたソフトを無料でダウンロードさせてくれるというのはとても太っ腹ですね。

SILKYPIX Developer Studio 6を使ってみて、気に入れば最新版の方を購入したいと思います。

ちなみに今回の無料公開は2018年7月2日(月)~2018年9月2日(日)の期間限定となっていますので、少しでも興味のある方は忘れないうちにダウンロードしておきましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション