高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3) - E-M-Wonderful

高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

      2019/09/12

こんにちは、E-M-Wです。

高機能な写真編集ソフトのLuminar(ルミナー) を購入したので紹介します。
2019/7/24追記
速報です、Luminarの最新バージョンLuminar 4の発売が発表されました。
発売は2019年秋になりますが、お得に購入できる先行予約が開始されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

お得なお知らせ
SKYLUMのAurora HDR 2019・Luminar 3 ・Luminar flexのソフトウェアを購入する際、プロモーションコードにEMWと入力すると、10ドル割引された価格でソフトウェアを購入することができます。
購入はこちらから

3255 559485 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)3255 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

 




Luminarとは

LuminarSkylum(以前はMacphunという名前だったが、Windows版をリリースすると同時に社名を変更した)というアメリカのソフトウェアメーカーから発売されているソフトで、Mac・Windowsの両方のOSに対応しています。

ちなみにSkylumといえば、HDR写真合成用アプリケーションのAurora HDRのメーカーとしても有名です。

Aurora HDRについてはこちらの記事で解説しています。

 

Luminar出来ること

このLuminarは大きく分けて、二つの機能を持っています。

7b17f67a25f82816f8ba80af29f5be9a 1024x564 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

一つ目は写真管理機能

HDDに保存されている写真を読み込んでLuminarライブラリで管理することができます。

Luminarライブラリでは、撮影日時・ファイルタイプなどで写真を検索したり、星5段階のレーティングやカラーラベルをつけて写真を管理することが可能です。

写真管理機能に関してはこちらの記事で解説しています。

 

55db371c949ed51bc8e27edb2c0bf9af 1024x565 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

二つ目が写真編集機能。

写真編集上級者のための高度な編集ツールから写真編集初心者でも簡単な操作で扱えるAIによる自動編集ツールなど、高機能かつ個性的な編集機能が多く搭載されています。

キャノン・ニコン・ソニー・オリンパス・パナソニック・富士フィルム・ペンタックスなどカメラメーカー各社のRAWデータに対応しているので、RAW現像もできます。

またLightroomやPhotoshop用のプラグインも用意されており、そちらから画像を開くことも可能です。

プラグインの使い方に関しては後述で解説します。

 

Luminarの特徴

ここからはLuminarの特徴を抜粋して紹介していきます。

ワンクリックで写真を簡単に仕上げる、Luminar Looks機能

Luminarは高機能な写真編集ソフトであるがゆえに、数多くの編集ツールが存在します。
しかし、初心者には編集ツールの数々を使って何をどうしていけばいいかわからず迷ってしまうことになりがちです。

そんな初心者でも簡単に写真を印象的に仕上げることができるLuminar Looksと呼ばれるプリセットが数多く収録されています。

ed4672dc51c64ed162e09715ce15b7cb 1024x394 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

Luminar LooksはEssential・Street・Landscape・Portrait・Lifestyle・Dramatic・Aerialの7つのカテゴリーが初めから収録されています。

c9c307368765d7f336894a5da9729fe4 1024x565 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

使い方は簡単で画面下のLuminar Looksパネルから適用したいプリセットを選択し、クリックします。

7dd6fef6987822f355ca76a0d4bd627e 1024x566 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

上の写真はLandscapeのカテゴリーにあるGrit GrungeというLooksを適用してみました。

ワンクリックでこのように簡単に写真を変化させることができます。

ただし、このプリセットはそのまま使うと結構彩度やコントラストのなどぎつい感じに仕上がってしまうことがあります。

a0cc27e3afede6317da33936491fccbe 1024x214 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

そんな時はプリセットの量のパラメーターバーを下げることでプリセットの適用量を弱めることができます

ちなみにこのLuminar LooksのプリセットはSkylumの公式サイトで配布されており、無料もしくは有料でダウンロードすることで増やすことができます。

Luminar Looksできることはまだまだあります、詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

多彩な効果を持った写真編集用フィルター

プリセットを使って写真を簡単に仕上げるのも良いですが、Luminarには高機能な多数の写真編集用のフィルター機能があり、これらを使って写真を編集してこそ真の力を発揮します。
c43ee473eef9f3d66ed986534ef30a4a 1024x565 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

サイドパネルにあるのが写真編集用のフィルターです。

各種フィルターのパラメーターバーを動かして画像を調整します。

ちなみにサイドパネルには、すべてのフィルターが表示されているわけではありません。

af64a8cd31dc07c7d82223dedd6fa7ae 1024x564 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

フィルターを追加をクリックするとすべてのフィルターがカテゴリーごとに分かれて表示されるので、使用したいフィルターをサイドパネルに追加することで使用することができるようになります。

使用できるフィルターはエッセンシャル・フィクサー・クリエイティブ・プロフェッショナル・ユーティリティの5種類に分類されており、その数は約50種類です。

他の写真編集ソフトでも見られる一般的なものから、中にはLuminar独自の物まで様々なフィルターがあります。

20161225 PC2500091 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)20161225 PC250009 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

 

上の画像のスライダーを右に動かすとAccent AIフィルター適用量50の画像に変化します。

例えば、このAccent AIフィルターというのはスライダーを動かすだけで画像を自動的に分析し、コントラストや露出や彩度など様々な要素を即座に補正してくれます。

Accent AIフィルタについて、こちらの記事で詳しく解説しています

 

20161225 PC2500092 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)20161225 PC250009 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

 

上の画像のスライダーを右に動かすとオートン効果フィルター適用量50の画像に変化します。

オートン効果とはボケとシャープさを同時に生み出す機能で写真に独特の雰囲気を出すことができます。

 

20170910 P9100337 Edit 3 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)20170910 P9100337 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

上の画像のスライダーを右に動かすと太陽光フィルターを適用した画像に変化します。

次に紹介するのは少し変わり種のフィルターです。

これは太陽光フィルターと名付けられたフィルターで、これを使うと太陽光が差し込む様子を表現することができます。

使い方は簡単で太陽光の位置を動かしたり、光の筋の長さや数などのパラメーターを調整して、自分好みの太陽光にすることができます。

このフィルターは光の筋が自然に見えるように自動的にマスキング処理が施されて、木や山など被写体を回り込むように表示される点が非常に優れています。

Luminarにはまだまだたくさんの便利なフィルターが存在するので、それらはまた別の機会に紹介したいと思います。

作業効率をアップさせる、ワークスペース機能

78fed2569f0504ec02be6cc839f2a781 1 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

Luminarには50種類以上の補正フィルターが用意されています。

しかし、それらすべてのフィルターを毎回の写真編集で使うわけではなく、また編集する被写体によっても使うフィルターは限られてくると思います。

ワークスペース機能は、自分が使うフィルターを厳選しそれらをまとめて保存し、呼び出すことができます。

そして、複数のワークスペースを作ることができるので、被写体によってワークスペースを使い分けることもできます。

こちらの記事でワークスペース機能について詳しく解説しています

プラグインでLightroomやPhotoshopとの連携が可能

Luminar3には写真管理機能がありますが、写真管理はLightroomで行いたいと言う方はプラグインを使ってLightroomで写真を管理し、Luminarで写真の編集を行うといったことも可能です。

2019/7/22追記
Mac App Storeで販売されているLuminarにはこのプラグイン機能は備わっていないのでご注意ください。
4acb3195be967f08f97a9d615bd4230e - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

ツールバーのLuminarの項目のプラグインをインストールを選択します。

508eb6e40bdb59204e7251020d763762 1024x502 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

使用するアプリケーションのインストールをクリックします。

これでプラグインがインストール完了です。

68efaa555b5c4594db64f96918a62334 1024x630 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

Lightroomを開き、Luminarにエクスポートしたい写真を選択し、他のツールで編集→Luminarをクリックしたら、Luminarのアプリが開き写真を編集することができます。

93a7b7904ddc8a81b3a1096be5edeca8 1024x566 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

Luminarで編集後画面右上にある適用をクリックすると、Lightroomに写真が保存されます。

こちらの記事でもプラグインについて詳しく解説しています

 

2019/4/7追記

Luminarの写真編集機能をLightroomやPhotoshopなどのプラグインとして使用できるLuminar Flexというソフトがリリースされました。

このソフトはLuminarの写真編集機能は使ってみたいけれど、写真管理はLightroomで行いたいという方にオススメです。

 

調整レイヤーやマスク機能が使える

LuminarにはあってLightroomにはないもの、それはレイヤー機能です。

af0b38c0468838e909dbe10d26d8a492 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

サイドパネルの上にあるレイヤーの+をクリックし、新規調整レイヤーをクリックすることでレイヤーを作成することができます。

bdc1fe4bc81b71dcc91fa83db057aa4b - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

レイヤーには、ブラシ・放射状マスク・グラディエントマスク・明度といろいろな方法でマスキングを行って効果を適用する箇所を指定することができます。

6920bc24fcc0588d4f23e45ac6a133ea - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

ちなみにマスク機能は調整レイヤー以外にも個別のフィルター機能ごとにも使用することができます。

例えば、彩度/自然な彩度のフィルターを使って写真全体の彩度を上げます。

e58a1c8125acfa7b74e8f9a7edfec9b8 1024x563 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)

次に彩度を上げたい部分だけブラシツールを使いマスキングすれば、その部分だけ彩度を高くすることができます。

Lightroomにもマスク機能はありますが、Luminarのように補正機能ごとにマスクを使用するなんて芸当はできません。

このようにLuminarは他社のRAW現像アプリ以上に高度な写真編集が可能になっています。

アップデートが頻繁に行われる

Luminarは頻繁にバージョンアップが行われ、その度新たな機能が追加されたりパフォーマンスが向上されます。

例えば、Luminarを代表するアクセントAIフィルターも先日のバージョンアップで大きく進化しました。

 

 

そして、これらのアップデートは全て無料で行われます。

最近はサブスプリクション(定額制)のソフトウェアが多く見受けられますが、Luminarは買い切りのソフトでありながら、購入後もアップデートによるサポートをしっかり行ってくれます。

最後に

2019/9/11追記

現在販売されているのはLuminar 3ですが、2019年秋にニューバージョンであるLuminar 4の発売が予定されています。

そのため、公式サイトでは現在、

  • Luminar 3とLuminar Looksのバンドル(セット)が8510円
  • Luminar 3とLuminar 4とLuminar Looksのバンドル(セット)が11800円
  • Luminar 3とLuminar 4とAurora HDRのLuminar Looksのバンドル(セット)が20410円

などが販売されています。

Luminarを購入する際は公式サイトのバンドル版がお勧めです

 

Luminar 3を購入するのももちろん良いですが、私的にはLuminar 3とLuminar 4(もしくはAurora HDRもセットになったもの)のセットを購入することをお勧めします。

このセットは、単体でLuminar 3・Luminar 4を購入するよりもかなりの割安で購入することができます。

f9e95c0b7356d4c121191346a7233d22 - 高機能な写真編集ソフト、Luminar(ルミナー)の購入レビュー(Luminar 3)
さらにこれらのソフトを購入する際、購入画面でプロモーションコードの欄にEMW(emwでも可)と入力することで1000円割引価格で購入することができます。

プロモーションコードの使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています

 

なお、Luminar 3とLuminar 4のセットはこちらの公式サイトのリンクから購入することができます。

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション