Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法 - E-M-Wonderful

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

今回は、Adobe Photoshop Lightroom ccを使ってHDR写真を合成する方法を解説します。

スポンサーリンク




HDR写真とは

HDRとはHigh dynamic range(ハイダイナミックレンジ)の略称です。 HDR写真とは露出の異なる複数枚の写真を一枚に合成することで通常の撮影では表現できない、非常に階調豊かな写真に仕上げることができます。

ちなみに今回、HDR写真を合成するための素材となる露出の異なる複数の写真はOLYMPUSのミラーレス一眼カメラに搭載されているHDRブラケット機能を使い撮影しました。

興味のある方はこちらの記事も是非参考にして見てください。

E-M1markⅡのフォーカスブラケットモードで撮影してみました
こんにちは、E-M-Wです。オリンパスのマイクロフォーサーズ機のミラーレス一眼カメラでは、E-M1・E-M5 MarkⅡ・E-M1markⅡ・PEN-Fにフォーカスブラケットモードが搭載され...

 

LightroomでHDR写真を作成する手順

1.HDR合成用の写真を選択する

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法1

まずは、ライブラリからHDR写真を作成するための素材となる写真を選択します。

今回は露出が-4,-2,0,+2,+4と異なっているこの5枚の画像を選択します。

2.ツールバーのHDRを選択する

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法2

ツールバーの写真→写真を結合→HDRをクリックします。

3.HDR結合プレビューに移動

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法4

このHDR結合プレビュー画面では、右側にあるHDRオプション項目を使って、必要に応じて画像の調整を行います。

HDRオプション

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法3

自動整列

この自動整列の項目は元からチェックが入っています。 この項目にチェックが入っていると、素材となる画像の傾いているなどのズレを自動的に整列してくれます。 また、整列後は境界線がまっすぐになるように画像をトリミングします。

自動階調

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法6

上は自動階調を行なった画像です。

この自動階調にチェックをいれると、自動的に露出やコントラストなどを自動で補正してくれます。 現像モジュールにある自動補正と同じ効果だと考えてください。

ちなみに、HDRオプションで自動階調を行なっても、後から現像モジュールで元に戻したり、さらに調整することも可能です。

ゴースト除去量

ゴーストとは、動く人や揺れる草木などの含まれる写真でHDR合成を行なった際、その部分がズレて透けているような状態になっていることです。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法7

上の写真は、ゴースト除去量をなしに設定している写真です。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法8

拡大してみると、走っている車が残像のように透けているのがよくわかります。

このような場合は、ゴースト除去量の項目を変更してしましょう。

ゴースト除去量の項目では、そのゴーストを4段階の強さ(なし・弱・中・強)で補正することができます。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法9

上の写真はゴースト除去量を中に設定した写真です。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法10

拡大してみると、先ほどの写真と比べて走っている車のゴーストが補正されているのがわかります。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法11

ゴースト除去量の項目の下にある、ゴースト除去オーバーレイを表示をチェックすると、上の写真のようにゴーストが除去されている部分が赤く表示されます。

HDRオプションの各項目の設定が完了したら、HDRオプションの下にある結合をクリックします。 HDR写真の作成時間がプログレスバーで表示されます。

4.HDR写真が完成

 

vLightroomを使ってHDR写真を合成する方法12

ライブラリーモジュールを見ると完成したHDR写真はファイルの拡張子がDNGで生成され、ファイル名の末尾にはHDRの文字が追加されていることがわかります。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法13

次に現像モジュールを見ると、階調が自動補正されています。

これはHDRオプションで自動階調を選択したためです。

Lightroomを使ってHDR写真を合成する方法14

そして、HDR写真は通常の写真に比べダイナミックレンジが広いので、露光量の調整幅が広くなります。 通常の写真は-5EV〜+5EVですが、HDR写真は-10EV〜+10EVの調整幅になります。

ちなみにHDR合成前の素材の写真にトリミングや角度調整、露出補正や部分補正など各種補正を行なっても、HDR写真完成後はそれらの補正内容が初期化(初期化されず適用される項目もある)されます。 なので、合成前の素材の写真には補正は行わず、完成したHDR写真に補正を行う必要があります。

最後に

今回は、Adobe Photoshop Lightroom ccを使ってHDR写真を合成する方法を解説しましたが、HDR写真を合成する方法は他にもあります。

OLYMPUSのカメラを使ったHDR写真撮影方法はこちら

E-M1markⅡのHDR撮影機能(HDR1・HDR2)で撮影してみました
こんにちは、E-M-Wです。OLYMPUSのマイクロフォーサーズ機のミラーレス一眼カメラでは、E-M1・E-M1markⅡ・E-M5markⅡ・E-M10・E-M10markⅡ・PEN-F・E-PL7・E-PL8にHDR撮影...

 

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション