OLYMPUS OM-D E-M1markⅡを購入してから2年が経ちました - E-M-Wonderful

OLYMPUS OM-D E-M1markⅡを購入してから2年が経ちました

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

2016年12月22日にE-M1markⅡが発売されて2年が経ちました。

2年も経つと流石に新鮮さは無くなりましたが、今ではすっかり相棒としてなくてはならない関係になっています。

今回はそんなE-M1markⅡと過ごした2年間の出来事や感じたことを綴りたいと思います。

興味がある方は、「E-M1markⅡを1年間使って感じたこと、思ったこと」の記事もご覧ください

E-M1markⅡを1年間使って感じたこと、思ったこと
こんにちは、E-M-Wです。2016年12月22日にE-M1markⅡが発売されて1年が経ちました。この一年間は外出時にE-M1markⅡをいつも持ち歩いてさまざまな場所でさまざまな被写体...

 

スポンサーリンク




E-M1markⅡと過ごした2年間の出来事や感じたこと

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROレンズがさらに欲しくなってきた

ずっと欲しくて欲しくてたまらないレンズがこのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROです。

このレンズは発売当初から非常に評判が良く、気になっていましたが、自分はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROを所有しており、12-100mm F4.0 PROと焦点域の被っているので、購入を我慢していました。

しかし、先日M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROを持ってスナップ撮影をしていた際、望遠側が40mmでは被写体に近づけなかったため撮影を諦めるといった結果になりました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROを持っていけば済むかとも思ったのですが、レンズ交換の必要性や荷物の増加を考えるとやはり12-100mm F4.0 PROは必要だと再認識しました。

少しでも安く購入したいので、キャッシュバックなどお得に購入できるキャンペーンを待っているのですがなかなか来ないので、そろそろ観念して購入する予定です。

バッテリーグリップをほとんど使わなくなった

E-M1markⅡと同時にパワーバッテリーホルダーのHLD-9を購入しました。

しかし、1年目の後半ごろからHLD-9をE-M1markⅡに装着することはほとんどなくなりました。

確かにバッテリーグリップがあると、縦の構図の場合は構えやすくなり、バッテリーは本体とグリップに1つずつ収納でき、計2つのバッテリーで長時間撮影できるというメリットがあります。

しかし、バッテリーグリップを装着することによってボディが大きく重くなるデメリットがあります。

自分にとってコンパクトさの方が重要だということを再認識したため、ほとんど使用しなくなったのです。

とは言え、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROのような大型の望遠レンズを使用する際は今でも愛用しています。

外付け式のバッテリーグリップは用途に合わせて、付けたり外したりできるのが良い点ですね。

HDR撮影にハマる

これまではあまり行わなかったHDR撮影を今年は積極的に行うようになりました。

E-M1markⅡはHDR撮影と非常に相性が良いので、E-M1markⅡユーザーでHDR撮影を行っていない方には是非お勧めしたいです。

HDR撮影とは、露出の異なる複数枚の写真を撮影し、一枚の写真に合成することで、普通に撮影した写真よりもダイナミックレンジの広い写真に仕上げることができる撮影方法です。

ただし、自分はカメラ内でHDR合成するのではなく、E-M1markⅡでHDRブラケット機能でHDR画像の素材となる写真を撮影し、 Aurora HDRと言うソフトを使ってHDR合成を行なっています。

 

高機能なHDRソフトの決定版、Aurora HDR 2018の購入レビュー
こんにちは、E-M-Wです。今回は人気のHDR写真合成用アプリケーションのAurora HDR 2018を購入したので紹介します。お得なお知らせSKYLUMのAurora HDR 2019・Luminar 201...

 

Quantum HDR Engineで進化した、Aurora HDR 2019レビュー
こんにちは、E-M-Wです。2018年10月4日、SkylumからHDR画像合成用アプリケーションのAurora HDR2019がリリースされました。今回は、Aurora HDR 2019がどれだけ進化した...

 

一般的にはHDR撮影は複数枚の写真を撮影し合成するという点から、三脚を使用することがベターとされています。

しかし、E-M1markⅡには超強力な手ぶれ補正が搭載されており、そして、Aurora HDRにはズレた写真を整列させてHDR写真として合成してくれる機能があります。

そして、この2つの機能を組み合わせることで、三脚無しでも美しいHDR画像を作成することが可能なのです。

オーナーズケアプラスのサービスが良くなった

E-M1markⅡには、オリンパスオーナーズケアプラス E-M1markⅡ専用メンテナンスパッケージという保険が存在します。

 

悩んだ結果、E-M1markⅡ専用メンテナンスパッケージに加入しました
こんにちは、E-M-Wです。E-M1markⅡを発売日の2016年12月22日に購入してから9ヶ月が経ちました。この9ヶ月間、E-M1markⅡのおかげで楽しいフォトライフを過ごしています。...

 

これの加入特典として、1年に一度カメラボディの定期診断を受けることができます。

 

E-M1markⅡオーナーズケアプラスの1回目の定期診断を受けました
こんにちは、E-M-Wです。以前の記事にオリンパスオーナーズケアプラス E-M1markⅡ専用メンテナンスパッケージに加入したことを書きました。  今回ついに1回目...

 

先日、2回目の定期診断を受けたのですが、その際1回目にはなかった、ボディ一台につきレンズ一本まで無償で簡易的な点検と清掃を行ってくれるサービスが付いたのです。

 

E-M1markⅡオーナーズケアプラスの2回目の定期診断を受けました
こんにちは、E-M-Wです。オリンパスオーナーズケアプラス E-M1markⅡ専用メンテナンスパッケージの加入者の特典である2回目の定期診断の時期が来ました。前回の定期診断...

 

元々のサービス内容でも十分お得でしたが、

レンズの点検もさらにつけてくれたオリンパスには感謝しないといけませんね。

フラグシップモデルからの陥落

E-M1markⅡはオリンパスのミラーレス一眼カメラのラインナップではフラグシップモデルという位置付けでした。

しかし、2019年1月24日に発表が予定されているE-M1XというカメラはE-M1markⅡ以上に高性能・高価格なモデルのため、どうやらフラグシップモデルから陥落してしまいそうです。

E-M1markⅡがフラグシップ機ではなくなったとしても何か撮影で問題があるわけではありませんが、少し寂しいのは事実です。

フルサイズカメラに興味が出てきた

最近ふと思うことがあります。

もし、フルサイズセンサーを搭載したカメラで撮影したら、今よりも良い写真が撮れるのではないか? もっとボケを生かした写真を撮れるのではないか?と。

もちろん写真の良し悪しはセンサーサイズで決まるのではないというのは重々承知しています。

現にE-M1markⅡを使用しているプロカメラマンの木村琢磨氏清水哲郎氏によって撮られた写真はとても素晴らしい作品ばかりです。

ただそれでも、自分はマイクロフォーサーズセンサーを搭載したカメラしか使ったことがないので、いつかはフルサイズセンサーを搭載したカメラと併用したいとは思っています。

最後に

発売から2年が経ちましたが、E-M1markⅡはまだまだ現役で戦えます。

強力な手ぶれ補正や高速連写性能など最近の他社のカメラとも渡り合えるだけの性能を持っています。

そして、カメラボディのデザインに関しては、どのカメラよりも優れており非常にかっこいいです。(これは個人的な感想です。)

今年もE-M1markⅡで様々な場所に出かけて、色々な被写体を撮影して行こう思っています。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, レビュー