Luminar 写真編集ソフト

「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

投稿日:

こんにちは、E-M-Wです。

皆さん、Luminar 4のバージョン4.2に追加された「AI 空の拡張」機能は使っていますか?

この機能は空に様々なオブジェクトを簡単にかつ自然に追加することのできるかなり攻めた機能です。

今回はAI 空の拡張を使って複数のオブジェクトを追加する方法をご紹介します。

「AI 空の拡張」の使い方のおさらい

では、初めてこの「AI 空の拡張」を使用する人のために、簡単に使い方をご説明します。

1b35e602ad5758c3f8cfbc19241e8553 1024x563 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

まずは画面左のツールカテゴリーをクリエイティブを選択し、その中のAI 空の拡張を選択します。

ちなみに背景に空が含まれる写真以外でこの機能を使おうとしても、選択できないようになっています。

1567dcbcb84fc9bd09fd7b5fec9ed3e2 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

次にオブジェクトを選択をクリックし、その中から空に追加したいオブジェクトを選択します。 今回はBalloon(バルーン)をチョイスしています。

bcb8730a6ffcfbdd2bfad560a659e31b 1024x565 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

オブジェクトが空に追加されたら、各種項目を調整していきます。

「AI 空の拡張」の各種項目の使い方については以下の記事をご覧ください。

 

オブジェクトを複数追加する手順

さて、使い方の復習が終わったところで本題に入ります。

「AI 空の拡張」は普通に使用すると空に追加できるオブジェクトは1つだけです。

しかし、空に追加するオブジェクトが1つだけだとワンパターンになりがちで面白い機能であるにも関わらずすぐ飽きてしまいます。

そこで複数のオブジェクトを組み合わせてさらに独創的な作品を作ってみましょう。

904466b5abc0ac728a544e2c1bfcf068 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

画面右のツールカテゴリーから「レイヤー」を選択し、「・・・」を選択し、「レイヤーを複製」をクリックします。

d7092c8bf10e728d7c1c7c014b14fd4e 1024x565 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

新しく複製されたレイヤーの「・・・」を選択し、「レイヤーをラスタライズ」をクリックします。

なお、ラスタライズには少し時間がかかります。

a8adc708ef3e08f81dc1ce9379f2c781 1024x565 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

ラスタライズが完了したら、ツールカテゴリーをクリエイティブに戻し、「AI 空の拡張」ツールを起動させてみてください。

再度オブジェクトを追加することができるようになっています。

93de3a8b294baa8d31e609ac467663e7 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

このように空にバルーンと雲の複数のオブジェクトを追加することに成功しました。

ちなみに今回は2つのオブジェクトを追加しましたが、この手順を繰り返せば好きなだけオブジェクトを空に追加することが出来ます。

レイヤーのラスタライズの注意点

f1cc9574e76c4337e0b8e74261988560 1024x528 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

「レイヤーをラスタライズ」を使って複数のオブジェクトを追加することに成功しましたが、このラスタライズを行う上で注意点があります。

それは、ラスタライズを行なったオブジェクトはそれ以降、移動などの編集作業が一切行えなくなる点です。

そのためラスタライズを行う前にオブジェクトの位置等の調整はしっかり行なっておきましょう。

6c2fbf733c1bfdc7d1f762130d201f70 1024x542 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

とは言え、ラスタライズ後、どうしても以前のオブジェクトを修正しなければならない場合もあることでしょう。

そんな時は「履歴」を使えば、ラスタライズ以前の状態に遡ることも可能です。

ただし、履歴を使うとラスタライズ以降の編集結果も全て以前の状態に戻ってしまうので注意が必要です。

作例

ba80aa4a73da73b48cda7a95d2e018d2 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

今回説明した方法でオブジェクトを複数使った作品を作成してみましょう。

この画像は神戸の街並みに「AI 空の拡張」でオブジェクトを追加し変身させてみましょう。

4e26221db004ec22e168f6abcdde0e41 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

いきなり「AI 空の拡張」でオブジェクトを追加したいところですが、何だか空が面白くないのでまずはAI スカイリプレースメントを使って空を変身させてみましょう。

今回はLuminar Marketplaceで販売されているスカイパック「自然の驚異」にあるStorm sky - 14を使って空をおどろおどろしい雰囲気に変えてみました

68edf610d798c80e1b84f1be017cc452 1024x565 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

ここで、AI 空の拡張の登場です。

この空をさらに不吉なものにするためにLighting2(雷)のオブジェクトを追加しました。

48229b8e9fd92ea5c51da956a480a495 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

ここからさらにオブジェクトを追加するので、先ほど解説した、ツールカテゴリー「レイヤー」でレイヤーを複製し、そのレイヤーをラスタライズします。

ここで1つ注意点ですがAI スカイリプレースメントで追加した空もラスタライズすることで編集できなくなってしまいます。

ラスタライズすると他のツールでも同様のことが起こると言うことを覚えておきましょう。

49f992d4aae7a64527b2589a970545b1 1024x565 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

次はLuminar Marketplaceで販売されているスカイオブジェクト「海洋夢界Sea Dreamworld)」に収録されているwhale(クジラ)を追加しました。

神戸の空からクジラが現れるそんな無茶苦茶な作品もLuminarを使えば簡単にできます(笑)

まだオブジェクトを追加するのであれば、再度ラスタライズを行います。

6fa6747d30e4f7b9a7d7c47edfff3dfd 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

次は先ほど同様、スカイオブジェクト「海洋夢界Sea Dreamworld)」に収録されているRAY(エイ)を追加しました。

f32e555a325f4230f8d2c0d27b415e17 1024x564 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

さらにAI 空の拡張で巨大海洋生物から逃げ惑う鳥たち(Birds3)を追加し、

3ae4ac1bbcf108a03e5a72a794812d72 1024x563 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

「ドラマチック」・「ビネット」・「調整可能なグラデーション」で最後の調整を施したら完成です。

20150620 P6200011 Edit 4 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)20150620 P6200011 - 「AI 空の拡張」でオブジェクトを複数追加する方法(Luminar 4)

スライダーを右に動かすと編集後の写真に変化します。

タイトルは「海獣大戦争」とでも名付けておきましょう。

最後に

皆さんもたまにはこんな風にLuminar 4のAI 空の拡張で遊んでみてくださいね。

Luminar 4関連記事

Pocket

広告




おすすめ記事



-Luminar, 写真編集ソフト
-

Copyright© E-M-Wonderful , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.