Luminar 写真編集ソフト

Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

更新日:

こんにちは、E-M-Wです。

2020年3月19日、Luminar 4の新しいバージョン4.2がリリースされました。




お得なお知らせ SKYLUMのLuminar 4・Aurora HDR 2019のソフトウェアを購入する際、プロモーションコードにEMWと入力すると、1000円割引された価格でソフトウェアを購入することができます。
728x90 1 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方
プロモーションコードの使い方を詳しく知りたい方はこちらへ
f261ee76dd4af09a36d3c143ff2b9ba7 150x150 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方
Luminar 4・Aurora HDRをプロモーションコードで割引購入する方法
こんにちは、E-M-Wです。皆さんは、Luminar(ルミナー)とAurora HDR(オーロラ エイチディーアール)と言うソフトウェアをご存知でしょうか?Luminarは写真編集ソフト...

Luminar4バージョン4.2の内容

26b98aafc70ce20ba6a430544ae75f37 1024x478 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

今回のLuminar4バージョン4.2では、

  • 新機能「AI 空の拡張」
  • ポートレートツールの改善(スリムフェイス2.0,光沢を除去)
  • AIスカイ・リプレースメントのリライトシーン機能の改善

などの新機能・改善点が含まれます。

新機能「AI 空の拡張」

Luminar 4にはAIを用いた写真編集機能が多数あるのはみなさんご存知だと思います。

ちなみに現在、Luminar 4で使用できるAI機能は

AI アクセント・AI スカイエンハンサー・AI スカイリプレースメント・AI ストラクチャー・AI ポートレートエンハンサー・AI スキンエンハンサー」の6種類が存在します。

この中でも特にAI スカイ・リプレースメントは空を置き換えるというのが写真編集ソフトの機能としてはかなり刺激的だったため、多くの反響があったようです。

そして今回追加された「AI 空の拡張」もAI スカイ・リプレースメント同様、皆さんがあっと驚くような機能になっています。

20180505 P5050160 Edit 2 1024x682 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

この写真は、大阪の中之島という場所で撮影したものです。

この場所は堂島川と土佐堀川という二つの川があることから「水の都」と呼ばれ、夜になると川にライトアップがされ、年中このような綺麗な夜景を楽しむことができるスポットです。

しかもこの日はとても月が綺麗でこのような写真が撮れました。

さあ、ここで問題です。

皆さん、私の嘘に気づけたでしょうか?

実はこの写真「AI 空の拡張」機能を使い、本来存在していなかった月を空に追加しています。

「AI 空の拡張」機能とは、このように空に様々なオブジェクトを追加し、自然に溶け込むように仕上げてくれる機能となっています。

「AI 空の拡張」使い方

7a57e523d06dc5eec6975f8ed52bbd51 1024x564 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

では、ここからは「AI 空の拡張」の使い方を詳しく解説していきます。

クリエイティブの「AI 空の拡張」をクリックします。

ウィンドウが開いたら、まずオブジェクト選択をクリックします。

d61d4773010ab7776d87c3fa933e6992 89x300 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

するとこのように空に追加するオブジェクトのリストが表示されます。

オブジェクトは、

  • Aurora(オーロラ) 1パターンのみ
  • balloon(気球) 1 パターンのみ
  • Birds(鳥の群れ)1,2,3 パターンあり
  • Clouds(雲)1,2,3,4,5,6,7,8 パターンあり
  • Eagle(鷲)1 パターンのみ
  • Fireworks(花火)1,2,3 パターンあり
  • Giraffe(麒麟) 1パターンのみ
  • Lightning(雷)1,2 パターンあり
  • Moon(月)1,2 パターンあり
  • Mountains(山々)1,2,3,4 パターンあり
  • Plane(飛行機)1,2 パターンあり
  • Planet(惑星)1,2,3,4 パターンあり
  • Rainbow(虹)1,2 パターンあり

の34種類がプリセットされています。

また「カスタム画像をロード」を選択すれば、自身が用意したオブジェクトの画像を空に追加することも可能です。

カスタム画像をロードに関しては後ほど解説していきます。

f35f481a0623716d1b112d0bfc1fd6e3 1024x565 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

今回はこの中からballoonを選択し、空に追加してみました。

他のAI機能同様ワンクリックで簡単に追加することができ、AIが写真のシーンの中の光との混じり具合も自然に見えるよう、自動的に調整してくれます。

またこの写真の木々や人々と気球の重なっている部分に注目して見てください。

他の写真編集ソフトでこのような重なる部分を処理するにはレイヤーやマスキングを駆使しなければなりませんが、LuminarのAI 空の拡張を使えばそれら高度な処理はAIが自動的に行い、自然な仕上がりになります。

もちろんオブジェクトを追加するだけでも構いませんが、各種調整を行うことで更に自然に仕上げることができます。

「AI 空の拡張」の各種調整

56df1a7a209c87b9cffba4b9ed388ca3 211x300 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

追加したオブジェクトに「AI 空の拡張」の各種調整で整えていきましょう。

  • 「量」はオブジェクトの透明度を調整
  • 「温かみ」はオブジェクトの色温度を調整
  • 「リライト」はオブジェクトのコントラストを調整
  • 「オブジェクトを配置」はオブジェクトの大きさ・位置・伸縮・回転の調整
  • 「マスクの改良」はオブジェクトのマスクの調整
  • 「ピンぼけ」はオブジェクトをぼかす調整

c797cc674358d795d620579e9202f153 1024x565 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

今回は、オブジェクトの大きさと位置、空に合わせて温かみをややブルーに、そしてピンぼけで少しぼかして遠くにあるように調整しました。

オブジェクトの作例

ここからはAI 空の拡張で使用できるオブジェクトをご紹介します。

なお、balloon(気球)とMoon(月)に先ほどの作例で紹介したのでそれ以外のものを紹介していきます。

3c870999e59e38bd895fc4a457ba7f21 1024x563 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Aurora1」

fb2fe538eeec7d534f94a0e2401d08bf 1024x564 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「 Birds2」

d634fa6f4abbd4faabed6b4d48a3f5ce 1024x564 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Clouds1」

491dba28ca8ecb64b1b2113782762b62 1024x563 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「 Eagle1」

e6fd17a31cec6830e392e376c43f6e1f 1024x565 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Fireworks 1」

33005359953a21e29a9d15d7060b9b69 1024x565 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Giraffe 1」

e3cc797956613d9d17fe9eafa04f52af - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Lightning1」

42a1eaf56c840c451f53d4ac302b696d 1024x563 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Mountains4」

b6f853fe558e073f4f3bfbd14821ec79 1024x564 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「 Plane1」

a3952718de5ac3f9dab79df76a4b1b7c 1024x563 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Planet2」

3e9786d691a41aea34cae9c79e66dc50 1024x564 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

「Rainbow1」

カスタム画像をロードについて

このAI 空の拡張の優れている点はこれだけではありません。

それは、予めプリセットされているオブジェクト以外にも、自分が作成したオブジェクトを使うことも可能だと言う点です。

使い方は簡単、AI 空の拡張を選択し、オブジェクトを選択する際、「カスタム画像をロード」をクリックし、PC内の画像を選択するだけです。

ただし、使用できる空の画像には条件があり「アルファチャネル付きのPNG形式または背景が完全に黒のJPG形式」の場合に限られます。

ポートレートツールの改善(スリムフェイス2.0,光沢を除去)

3ad74076b5fde4c1fe115adf92e9960e - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

出典:Skylum

今回のアップデートではAIによる顔検出能力が向上しており、これまで検出できなかった顔の位置や角度や大きさなど様々な状態でもAI ポートレートエンハンサーが使用できるようになっています。

e16a461896e696142fc56cb90663d5b9 213x300 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

そして、スリムフェイスは「スリムフェイス2.0」にバージョンアップされました。これまでのスリムフェイスは顎のラインをシャープにすることができましたが、スリムフェイス2.0では顔全体をシャープにすることができるようになったので被写体をより自然に小顔にすることができます。

46a48e3fac55fdad996e487ccd454cd2 300x209 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

更にAI スキンエンハンサーには「光沢を除去」という項目が追加されています。

これは、被写体の顔のテカリを軽減してくれる機能です。

アップデートの方法

a896e49ab902fafbcda097f835debb46 1024x764 - Luminar 4.2がリリース、新機能「AI 空の拡張」の使い方

Luminar 4を起動させ、上ツールバーの「Luminar4」→「アップデートをチェック」→「アップデートをインストール」をクリックです。

Luminar 4関連記事

 

 

Pocket

広告




おすすめ記事



-Luminar, 写真編集ソフト
-

Copyright© E-M-Wonderful , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.