PeakDesign(ピークデザイン)からアップデートされたアンカーが到着しました - E-M-Wonderful

PeakDesign(ピークデザイン)からアップデートされたアンカーが到着しました

   

Pocket

こんにちは、E-M-Wです。

当ブログでも紹介したのですが、先日PeakDesignからアンカーの不具合に関するお知らせが届き、改良版のアンカーに交換してもらうためアンカーの無償アップデートを依頼していました。

PeakDesign(ピークデザイン)のアンカー無償アップデートの方法
こんにちは、E-M-Wです。皆さんはどんなカメラストラップをお使いですか?自分はピークデザインのSLIDE LITEというネックストラップとCUFFというハンドストラップを愛用...

 

今回はその改良版のアンカーが到着したのでご報告します。

スポンサーリンク




到着までの期間

  1. アンカーの無償アップデートの受付を行ったのが6月24日です。
  2. 6月30日にPeakDesignからメールが送られてきました。 そのメールにはスプリットリングという部品の兼ね合いで発送が当初の予定よりも遅れていると書かれていました。 それ以外にもアンカーアップデートキットは7月20日より順次発送するとも書かれていました。
  3. 7月25日に商品を発送したとのメールが送られてきました。
  4. そして、8月1日に無事アンカーアップデートキットが到着しました。

受付から到着までかかった期間はおよそ1ヶ月弱でした。

アップデート品のアンカーが到着

改良されたアンカーはこのような封筒に入って届きます。

封筒の中はこのように2つの袋が入っており、アンカーが4つずつ入っています。

アンカーアップデート受付フォームには6つ持っていると入力したのですが、今回届いたアンカーは8つでした。

これは間違って発送したのではなく、少し余分にくれたのかもしれませんね。

一袋にアンカーが4つ・スプリットリングが2つ・アンカーの簡易マニュアル的なものが付属しています。

左が改良されたアンカーV4で右が以前のアンカーV3です。

以前のアンカーV3よりもアンカーV4の方がコードが太くしっかりしています。 そして、コードの長さも少し長くなっています。

耐久性は明らかに増したように感じます。

それ以外の変更点としては、以前のV3はアンカーの両面にブランドロゴのPDが刻印されているのに対して、V4は片面のみPDが刻印されています。

改良されたアンカーV4はコードが太くなりストラップホールに直接通しにくいので、このスプリットリングをストラップホールに装着してからアンカーを取り付けます。

OLYMPUS OM-D E-M1markⅡのようにストラップホールに三角環が初めから取り付けられているタイプのデジイチを使用している場合は取り付ける必要はありません。

ちなみに今回同梱されていたスプリットリングの形状は細長い円形ですが、アンカーの無償アップデート開始直後に注文した人たちの元には三角形の形状のものが届いたようです。

ちなみに今回到着したアンカーの使い方はこちらのPeakDesign公式の動画でも確認することができます。

最後に

交換品のアンカーを受け取るまで結構な時間がかかりました。

しかし、PeakDesignのカメラストラップは世界中で販売されており、今回の交換の対象になるユーザーは相当数いると思われます。

それでもユーザーのことを考えてこのような交換対応をとってくれたPeakDesignの誠意に感謝したいですね。

ちなみに自分はPeakDesignの商品ではCUFFとSLDE LITEを愛用しています。

興味がある方はこちらの記事を是非ご覧下さい。

ストラップの長さを素早く調整できる、PeakDesignのSLEDE LITE(スライドライト)購入レビュー
こんにちは、E-M-Wです。先日PeakDesignカメラストラップのSLEDE LITE(スライドライト)SLL-BK-3が到着しました。 2018/5/8追記 PeakDesign スライドライトを実...

 

使いやすいハンドストラップ、PeakDesignのCUFF(カフ)購入レビュー
こんにちは、E-M-Wです。先日PeakDesignのハンドストラップの CUFF(カフ)CF-BL-3が到着しました。PeakDesignのCUFFを開封パッケージは一緒に購入したスライドライトと...
Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, レビュー