センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~ - E-M-Wonderful

センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

      2016/10/02

こんにちは、E-M-Wです。

デジタル一眼カメラには、様々なセンサーサイズがあります。と言っても全く何のことだかわかりませんね。 少々ややこしい話になりますがこれを理解しないとカメラ選び、レンズ選びを正しく行うことができません。 なので、できるだけわかりやすくシンプルに説明したいと思います。




イメージセンサーとは

20160530 P5300029 1024x1024 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

イメージセンサーや映像素子とも呼ばれていて、レンズから取り入れた光をここでデジタルデータに変換します。 なのでデジタルカメラの心臓部とも言える大事な場所です。

ちなみにレンズを外すとこの通り見えます、ただしこの部分は触ったりすると故障の原因になるかもしれませんので絶対に触らないようにしましょう。

センサーサイズって

af3227a86c80348887c2570884db8f35 2 1024x683 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

このイメージセンサーは様々なサイズがあります、代表的なものを紹介していきます。

フルサイズ 36mm×24mm

今回紹介するセンサーサイズで一番大きいものです。

このセンサーを使用しているメーカー&代表的な機種

  • Canon:   EOS-1D X mark2,EOS 5D mark3,EOS6Dなど
  • NIKON:   D4S,D810,D750,D610など
  • SONY:     α7 II,α7S,α7R IIなど
  • PENTAX:  K-1
APS-C およそ23×15mm

センサーサイズがおよそと書いているのはメーカーによって微妙な誤差があるためです。

このセンサーを使用しているメーカー&代表的な機種

  • Canon:     EOS Kiss X7,EOS 80D,EOS 7D Mark II,EOS M3など
  • NIKON:     D500,D5500,D7200など
  • SONY:       α6300,α5000など
  • PENTAX:    K-3 II,K-S2,K-50など
  • FUJIFILM: X-PRO2,X-T1,X-T10,X-E2など
フォーサーズ

フルサイズ、APS-C縦横の比率が3:2ですが、こちらは縦横の比率が4:3となっています。

ちなみにフォーサーズのデジタル一眼レフは現在生産されておらず、フォーサーズのミラーレス機としてマイクロフォーサーズが誕生しました。 センサーの呼び名はフォーサーズで間違いないのですが、ミラーレス機の規格名はマイクロフォーサーズとなっています。

このセンサーを使用しているメーカー&代表的な機種

  • OLYMPUS:     OM-D E-M1,OM-D E-M5 Mark II,PEN-F,E-PL7など
  • Panasonic:   GX-7 Mark II,GX-8,GH-4,G7など
Phone6

ちなみに画像の黒い部分はおまけでつけてみたiPhone6のセンサーサイズです。デジタル一眼カメラと比べたらこんなに大きさに差があるなんてびっくりですね。

センサーサイズの大きさで何が変わるか

写る範囲が違う

7dca8a3e3bbb9a17a4fd233771a2be72 1024x682 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

センサーサイズが違うと同じ焦点距離のレンズで撮影しても写る範囲が変わってきます。

例えば同じ焦点距離40mmのレンズでフルサイズ、APS-C、フォーサーズのカメラにつけて同じ場所から撮影しても撮影結果はこのように変わってきます。

フルサイズ

af3227a86c80348887c2570884db8f35 1024x683 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

APS-C

0218efccfa565d4d2ee80984bd2a639e 1024x668 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

フォーサーズ

5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9 1024x768 - センサーサイズを覚えよう~デジタル一眼カメラのススメ~

APS-C、フォーサーズとセンサーサイズが小さくなるにつれてダンボーが大きく写っています。

このダンボーをフルサイズの焦点距離40mmのレンズで撮影したものと同じ大きさに写すためには、APS-Cのカメラであれば焦点距離が約26mmのレンズで、フォーサーズのカメラであれば焦点距離が20mmのレンズで撮影すれば同じ大きさになります。

つまりフルサイズのカメラと同じ大きさに写すためには、APS-Cのカメラではフルサイズのレンズの焦点距離÷1.5の焦点距離のレンズを使い、フォーサーズのカメラではフルサイズのレンズの焦点距離÷2の焦点距離のレンズを使います。 これを35mm換算と言います。

高感度性能

基本的にはセンサーサイズが大きい方が高感度性能が良いため、夜景や暗いところでの撮影は有利になります。

画素数

センサーサイズが小さくても大きくても画素数を上げることは可能です。ただしセンサーサイズが大きいほど光を多く受けることができ画質は悪くならないが、センサーサイズが小さいのに無理に高画素化すると画質が悪くなります。

大きさ重さ

センサーサイズが大きいほどレンズは大きく重くなります。 望遠レンズなど焦点距離の長いレンズになればなるほどその差を実感することになります。

値段

フォーサーズとAPC-Sのカメラの値段はそこまで変わりませんが、フルサイズのカメラ、レンズになると値段が高額になります。

まとめ

今回はセンサーサイズについて簡単にまとめるつもりが35mm換算の説明を長々としてしまいました。 この部分は難しいですがカメラ、レンズ選びで大事なことなので全て理解せずとも要点だけも覚えてくださいね。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, 基礎知識