Luminar3とLuminar Flexの違いを解説 - E-M-Wonderful

Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

      2019/05/20

こんにちは、E-M-Wです。

現在、Skylum社から高機能な写真編集機能と直感的に扱える写真管理機能を搭載してるLuminar3とプラグイン、エクステンション、外部エディタとして動作するLuminar Flexと言う2種類のLuminarがリリースされています。

 

 

この2つのソフトウェアは基本のベースが同じなので、Luminar 2018やLuminar 3に慣れ親しんだユーザーにとっては、Luminar Flexも特に問題なく扱うことができます。

ただし、異なる点があるのも事実です。

今回はLuminar3とLuminar Flexの違いを解説していきます。

お得なお知らせSKYLUMのAurora HDR 2019Luminar 3Luminar Flexのソフトウェアを購入する際、プロモーションコードにEMWと入力すると、10ドル割引された価格でソフトウェアを購入することができます。

是非こちらのリンクからLuminar 3をお得に購入してください。

3255 559485 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説3255 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

スポンサーリンク




Luminar3とLuminar Flexの違い

アイコンが違う

Luminarto 1024x437 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

右がLuminar3で左がLuminar Flexのアイコンです。

Luminar Flexには写真管理機能がない

Luminar3は写真編集機能だけでなく写真管理機能も搭載されているのが特徴ですが、Luminar Flexは写真編集機能のみで写真管理機能が搭載されていません。

 

なので、写真の管理はLightroomなどの他の写真管理ソフトを用いて、プラグインを使って外部エディッタとして写真編集を行います。

ちなみにLuminar3にもLuminar Flexと同様にLightroomなどで写真を管理し、プラグインを使って外部エディッタとして写真編集を行うことも可能です。

収録されているLuminar Looksの種類が違う

Luminarには、写真を簡単に美しく仕上げることのできるプリセット機能のLuminar Looksがあります。

 

Luminar3とLuminar Flexでは収録されているLooksにも違いがあります。

looks3 1024x401 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

上の写真はLuminar3に収録されているLooksです。

  • Essential
  • Street
  • Landscape
  • Portrait
  • Lifestyle
  • Dramatic
  • Aerial

の7つのカテゴリーに分かれています。

looks f 1024x400 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

一方、Luminar Flexに収録されているLooksは、

  • Professional
  • Portrait
  • Landscape
  • Creative
  • Aerial
  • B&W Film Emulation
  • Analog

の7つのカテゴリーです。

このように共通のものもありますが、どちらかにしか収録されていないものもあります。

収録されているワークスペースが違う

c8c6e2d99036a315328406083a90001a 1024x512 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

右はLuminar 3に収録されているワークスペース、左はLuminar Flexに収録されているワークスペースです

Luminarには様々な編集機能を持ったフィルターが数多くありますが、それらを編集する被写体などの用途に合わせてまとめることができるワークスペースという機能があります。

そのワークスペースはあらかじめ数通り収録されていますが、これもLuminar3とLuminar Flexでは収録内容が異なっています。

Accent AIフィルターのバージョンが違う(2019/5/14追記)

7 768x494 1 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説LuminarにはAIが写真の解析し、自動で最適な補正を行ってくれるAccent AIという機能があります。

Accent AIフィルターについてはこちらの記事で解説しています。

このAccent AIフィルター自体はLuminar3でもLuminar Flexでももちろん使用できるのですが、Luminar3は先日アップデートが行われそれに伴いAccent AI 2.0にバージョンアップしています。

旧バージョンのAccent AIフィルターは人物を被写体とした写真に対して使用すると少し不自然な仕上がりになっていたのですが、Accent AI 2.0では人物を認識するようになり、自然な仕上がりに補正してくれるようになりました。

Accent AI2.0についてはこちらの記事で解説しています

Accent AI 2.0は現在のところLuminar3でしか使用できないので、Luminar Flexも早く対応して欲しいですね。

価格が違う

a7f8907bf93484e0f153bb402ad4e01a 1024x605 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

Luminar 3は現在8090円で販売されています。

8dcbdb03f7c5a768ba27a68bd7f65125 1024x582 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

一方、Luminar Flexは7510円Luminar 3よりも少しだけ安くなっています。

お得な情報

3a75a433992b0e50b9a1c3c55b2cb426 1024x906 - Luminar3とLuminar Flexの違いを解説

どちらのソフトもある方法を使うとお得に購入することができます。

購入画面でプロモーションコードにemwと入力することで1000円割引された価格で購入することができます。(セール価格の時は適用されない場合もあります。)

最後に

今回紹介したLuminar3とLuminar Flex以外にもSkylumから様々写真編集ソフトがリリースされています。

興味のある方はこちらもご覧ください。

 

 

 

Pocket

  おすすめ記事

 - PC・スマートフォン, アプリケーション