露出補正を覚えて、使いこなそう~デジタル一眼カメラのススメ~ - E-M-Wonderful

露出補正を覚えて、使いこなそう~デジタル一眼カメラのススメ~

      2018/07/29

Pocket

デジタル一眼カメラ(デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼)の扱いにも慣れてきて、撮影モードもAUTOモードからプログラムモード(Pモード)、絞り優先モード(Aモード)、シャッタースピード優先モード(Sモード)、マニュアルモード(Mモード)にステップアップしたら、たくさんの設定を覚えなければなりません。

今回は露出補正について簡単に説明していきます。

スポンサーリンク




露出とは

露出とはわかりやすく説明すると写真の明るさのことです。 絞り値、シャッタースピード、iso感度の組み合わせで決まります。

暗いところでは、絞り値を小さくするかシャッタースピードを遅くし、逆に明るいところでは、絞り値を大きくするかシャッタースピードを早くしないといけません。

露出補正

マニュアルモード以外のモード(AUTOモード、プログラムモード、絞り優先モード、シャッタースピード優先モード)では、自動露出機能(AE)によってカメラが適正な露出に設定してくれます。

ただし、適正な露出と言ってもカメラの露出は反射率18%グレーというものを基準にしているので、例えば反射率の高い白は明るいと判断して、勝手に暗くしてしまいます。

20160718-P7180009

この上の写真は白いマウスを撮影しましたが、カメラの自動露出ではこのように暗めに写ってしまいます。

逆に反射率の低い黒は暗いと判断してしまいます。

20160718-P7180010

上の写真は黒いレンズキャップを撮影しましたが、カメラの自動露出ではこのように明るめに写ってしまいます。

このようにカメラの考える適正な露出と撮影者の考える適正な露出に違いが生じることがあります。このような時に露出補正を使います。

20160711-P7114867

この部分が露出補正でプラスにすると写真が明るく、マイナスにすると写真が暗くなります。

+0.3,+0.7,+1.0,+1.3,+1.7,+2.0・・・とプラスの数字が大きくなるにつれ明るくなり、-0.3,-0.7,-1.0,-1.3,-1.7,-2.0・・・とマイナスの数字が大きくになるにつれ暗くなっていきます。

20160718-P7180009-2

上の写真は白いマウスの写真を露出補正+1.3EVで撮影しました。

20160718-P7180010-2

この上の写真はレンズキャップの写真を露出補正−1.0EVで撮影しました。 ちなみにEVとは露出を示す単位で「exposure Value」の略になっています。

まとめ

露出補生値に絶対的な正解はなく、撮る人の意図や表現で変わってきます。 また、どの露出補生値にすればいいか迷った時は、露出補正値変えて明るめ、普通、暗めなど何パターンかの写真を撮っておきましょう。

Pocket

  おすすめ記事

 - カメラ, 基礎知識